メニュー

十条台キャンパス震災対応マニュアル

以下は、「震災対応マニュアル」からの抜粋です。学生生活課

日ごろからの準備

実際に震災に直面した時のために準備をしておくことが、災害の軽減につながります。大地震が発生した時に慌てず行動できるよう、事前に準備をしておきましょう。

  • 避難する場所や経路の確認(大学付近や自宅周辺等)
  • 共通の連絡先や家庭との安否確認の方法および合流場所の確認
  • 災害用伝言ダイヤルの利用方法の確認と登録 (事前に登録が必要)
  • 帰宅経路および所要時間の確認(災害時徒歩 約2.5km/h)
  • 大学や友人等への連絡方法の確認と一覧の作成
  • 家具の転倒防止対策や非常持出品の確認
  • 消火器の位置・使用方法の確認
  • 防災訓練・救急救護訓練等への参加

災害が発生したとき

自分の身を守る

  • 落下物に注意して棚や窓ガラスから離れる
  • 慌てて外に飛び出したりせず、安全を確認する
  • ドア等を開けて出入り口を確保

避難

  • 携帯品は最小限にする
  • 火を扱っている場合は揺れが収まってから火を消しましょう
  • エレベーターによる避難はしない

正確な情報収集に努める

なるべく1人では行動しない

お互いに協力し合い、応急救護や初期消火に努める

家族との安否確認と大学への安否連絡をする

家族との連絡方法

災害用伝言ダイヤルサービス

災害用伝言ダイヤル(171)は、被災地の方の電話番号をキーにして、安否等の情報を音声で登録・確認できるサービスです。

災害用伝言ダイヤルの流れ

  • 利用可能端末:NTTの一般電話、公衆電話、携帯電話
  • 蓄積伝言数:1電話番号あたり1~10伝言
  • 録音時間:1伝言 30秒以内
  • 伝言保存期間:48時間後自動消去

大学への安否報告

地震発生後、速やかに大学に安否を知らせてください。

  • 「安否報告です。」
  • 学部・学科
  • 学籍番号
  • 氏名
  • 本人や家族の負傷の有無
  • 自宅の損壊状況
  • 連絡の取れる電話番号・住所

電話で上記の内容を報告してください。
【代表】 電話:03-3908-4530
【学生生活課】 電話:03-3908-4569

学内にいるとき

災害発生時

  • ガラスが割れる危険のある窓や、中の物が飛び出る危険のある棚などから離れる
  • 机やテーブルの下などに隠れるか、隠れる場所がない場合は、カバンや上着などで頭を保護し、落下物から身を守る
  • ドアの近くにいる人はドアを開けて、避難経路を確保する
  • 実習中など火気を使っているときは、安全確認後、すぐに火を消しガスの元栓を閉じる
  • 物が落下するおそれのない場所(広場等)にいる場合は、その場でしゃがんで、揺れが収まるまで様子を見る

揺れがおさまったら

  • 慌てず、落ち着いて行動する
  • 避難する時も、建物の傾き等、周囲の確認をする
  • 火災が起きた場合は、自分の身が安全な範囲で、周囲に助けを求めながら初期消火
    消火が困難な場合は、速やかに避難する
  • 負傷者がいる場合は、安全な範囲で互いに協力して応急救護をする
  • 余震の可能性もあるので、あわてずしばらく様子を見る

避難時の注意点

  • 安全な避難ルートを確認する
  • エレベーターを使用せず、必ず階段を使用する
  • 火災の場合は煙を吸わないよう、タオルやハンカチで口を覆う

避難経路地図

余震がおさまり落ち着いてきたら

自宅に帰るか大学に残るか検討する
地震の規模、発生時間、交通機関の状況、自身の体調や体力、自宅までの距離等によって決めましょう

ページトップへ