メニュー

学びの特長

学びのポイント

講義の様子

少人数だからできるきめ細かい指導で
基本的な理論だけでなく実際の援助方法を学びます

臨床心理学の知識だけでなく、体験を重視した学びが特徴です。経験豊富な教員陣による少人数制ならではのカウンセリングのロールプレイ、グループワーク、学外の中学校での学習支援、小中学生が参加するサマーキャンプの補助、学内での新入生支援やピアサポートなど豊富なプログラムを用意しています。

学びの領域

導入教育科目、臨床心理学の基礎、臨床心理学の展開、社会調査士資格取得の科目(予定)
  1. 臨床心理学を活かす

    臨床心理学は、日常のさまざまな場面で活かすことができます。病院や学校といった心理学的援助の場だけではなく、企業などで働く場面や、子育て、地域社会など、専門家としてだけではない、社会のあらゆる場面で活かせる臨床心理学を学びます。
  2. 体験を重視した科目

    心理学的援助を学ぶには、知識はもちろん、実際に援助の体験をすることが大切です。「臨床心理学実習」では、学内での新入生支援や、学外の中学校などでの学習支援など、さまざまな援助実践を体験します。「臨床心理査定法」では援助現場で実際に使用されている心理検査を体験し、自己理解にも役立てます。
  3. さまざまな進路へ向けてのサポート

    臨床心理学系の大学院に進学し、資格の取得をめざす方には、大学院受験のための特別講座が開講されます。また、週1回開催されている教員が主催している進学サークルへの参加も可能です。この他にも、公務員試験受験のための講座も開かれます。

ページトップへ