メニュー

観光文化学科

観光文化学科のめざすもの

行って楽しい旅。来てもらって有意義な観光。これを創造するのが「観光デザイン」です。旅行者の立場と、観光地の状況と、その両面から観光のあるべき姿を求めます。
 旅行や観光は、食べる、泊る、着る、遊ぶなど、日常生活の要素をつねに伴います。つまり移動する生活といえましょう。ひとびとの生活は文化に根ざしています。旅する人の文化と、受け入れる土地の文化との接触、相互理解から「観光文化」は生まれます。
 観光文化学科では、日本と世界のさまざまな文化を知ることから出発します。異なる文化にふれる驚きから、自分の生活や意識のふだん気づかない側面があらためて見えてきます。旅行者と観光地のコミュニケーションから生まれる新しい観光のスタイルをデザインし、地域の観光をプロデュースして、個性ゆたかな観光文化を創造すること。これが本学科の目標です。
 観光の事業を展開するためには、もちろん実務の能力も必要です。マーケットや社会のニーズをリサーチする社会調査の技能、独自のコンセプトを世界に発信するメディアの才能、移動し宿泊し食べたり遊んだりする人々を楽しませるマネジメントの能力。このような実際的な力があって、はじめて理想の観光が実現できるでしょう。これも本学科の目標のひとつです。
 「文化」と「観光」の二つの面から多様で個性的な観光をデザインする力をつけます。同時に、考え、行動し、協調する、社会人としての基礎力を養います。フィールドワークによる旅の実体験できたえた、「観光デザイン力」と「社会人基礎力」を身につけて、幅広い分野で活躍しうる人材を育てます。

ページトップへ