メニュー

学びの特長

多文化理解に基づく「観光デザイン力」と「社会人基礎力」の修得をめざす教育の目的と、それを支える教育課程

教育の目的

観光に新しい価値創造をもたらす人材育成のための二つの柱

  1. 「観光デザイン力」 世界各国・地域のさまざまな文化や言語の学びを通して多様で個性的な観光を創造する力です。観光と文化の両方を学ぶ中で、移動する生活としての「観光の文化」と、旅する自分と旅先とのそれぞれの文化の接触と理解としての「観光と文化」という、観光文化の二つの側面を知ることができるでしょう。そこから新しい観光のスタイルが発想されると考えています。
  2. 「社会人基礎力」 観光文化を学び、新しい観光をデザインしていく人材は、社会で活動していくのに必要な能力、いわゆる社会性を身に付けていなくてはなりません。そうした能力を考え抜く力(シンキング)、前に踏み出す力(アクション)、チームで働く力(チームワーク)と三つに大別しました。これら三つの「社会人基礎力」を基盤に「観光デザイン力」は発揮されていくのです。

「文化」・「観光」と二系統と六つの科目群からなる多彩な学習内容

  1. 「文化」系統
    • 「地域研究」科目群 観光文化を理解する上で必要な、さまざまな地域と文化を学ぶ。
    • 「比較文化」科目群 我が国の文化を世界のさまざまな文化と比較して学ぶ。
    • 「コミュニケーション」科目群 異文化を理解するうえで不可欠な言語とコミュニケーションの理論と実践を学ぶ。
  2. 「観光」系統
    • 「観光リサーチ」科目群 現代の社会を調査・分析する社会調査の知識と技術を学ぶ。
    • 「観光メディア」科目群 観光文化にかかわる様々な情報を収集・発信するためのメディアを学ぶ。
    • 「観光マネジメント」科目群 観光事業を支える社会の諸側面に光をあてながら、観光事業の理論と実際を学ぶ。

観光デザインの入門から実践にみちびく実習科目

インターンシップ

観光および関連業界の現場に参加し実務を身をもって体験して、業界の現状を知る。

フィールドワーク

教員とともに観光の実体験を積み、それを通して観光文化の本質を学ぶとともに、独創的な観光をデザインする力をつちかう。

観光デザイン演習

フィールドワークを学んだ上で、観光をデザインする作業を実践する。

卒業研究

実証的な調査研究の報告、独創的な観光デザインの制作、斬新な観光コンセプトの創成など、多様で意欲的な卒業制作を行う。

観光デザイン力を補完する副専攻

人文学部には日本伝統文化学科及び国際言語文化学科があり、それぞれの科目を、副専攻制度を利用して体系的に学ぶことで、観光デザイン力をさらに高めることもできます。

詳しくはカリキュラムへ

ページトップへ