メニュー

4年後の姿(資格、進路)

育てる人物像

心身ともに健康で周りの人に対して理解をし、自己一致の姿勢で向き合える人物

笑顔と汗の似合う、健康な大人をめざします。幅広い豊かな教養、健康心理学、スポーツ心理学、ポジティブ心理学などの専門知識とスキルに裏付けられた自信に支えられ、また、周囲の人たちに対して共感的理解や受容、自己一致の姿勢で向き合えるような成熟した、魅力的な人物が目標です。
周囲の人々に対して、共生とコミュニケーションの実践、健康とスポーツに関する豊かな知識とスキルを持っていること、心身の健康の維持・増進について自らの実践と他者に対する支援が期待されます。

こんな力が身につきます

健康心理学、スポーツ心理学などの専門的で
幅広い知識とスキルが身につきます

カウンセリング、メンタルトレーニング、体づくり、健康づくりなど、心身の元気づくりに役立つ専門的な知識とスキルが身につきます。また、スポーツリーダーとしての実践能力や、社会で元気に活躍するために必要な豊かな社会人基礎力、就業能力が育ちます。

松田 大樹さん

松田 大樹さん [内定先]株式会社SCミート
応用心理学部
健康・スポーツ心理学科4年
茨城県 県立藤代紫水高等学校出身

修得できるスキル

カウンセリングやスポーツのさまざまな資格の取得

カウンセリングやスポーツのさまざまな資格の取得

健康心理士としてのスキル( カウンセリング・個別面接、アセスメント、グループアプローチ)、および、スポーツリーダーとしてのスキル( 各種スポーツ実践、メンタルトレーニング、体作り、政策やイベントの企画・運営に必要なスキル)が修得できます。

専門スキル

  • 心身を元気づける心理技法と知識
  • 健康やスポーツに関するイベントの企画・実施・運営能力
  • チームワークを最大限に引き出すリーダーシップ力

専門スキルを活かした資格

  • 認定心理士
  • 健康心理士
  • 子ども身体運動発達指導士
  • 中高老年期運動指導士
  • スポーツクラブインストラクター
  • 障害者スポーツ指導員
  • スポーツ指導員
  • ネイチャーゲームリーダー など

社会人基礎力

ストレスコントロール力

  • ストレスの発生源に対応する

計画力

  • 課題解決に向けたプロセスを明らかにし準備する

働きかけ力

  • グループ内で他人に働きかけ巻き込む

めざせる卒業後の進路

健康、スポーツ分野で人々の元気を支える

スポーツビジネス、健康関連企業における、製品やイベントの企画、運営、営業など。福祉施設、スポーツ施設、健康施設などでの、支援員、トレーナー、インストラクターなど。民間企業での健康増進スタッフやカウンセラーなど。公務員、大学院進学。

卒業後の主な進路

スポーツクラブインストラクター/障害者スポーツ指導員/レクリエーション・インストラクター/警察、消防/児童福祉/野外活動コーディネーター/その他一般企業/大学院進学 など

GRADUATE 01

原田 美優さん

日々の勉強から
わかりやすいご案内を心がけお客様に安心感を

銀行に興味があるという話をしていたところ、学生支援課の方から勧めていただいたことがきっかけで就職しました。銀行の業務では覚えることがたくさんあります。こと細かな決まり、ルール、法律はもちろん、現在の経済状況まで気を配らなければなりません。正直、そういった知識がゼロの中から始まったので、毎日勉強で大変ですが、自分の知識でお客様のご案内ができたり、少し難しい会話が成立すると嬉しくなります。お客様に対しても、わかりやすくご案内することに気を配り、より安心感を持ってもらえるような接客を心がけています。この職業に就き、社会人として責任は大きいと感じますが、仕事をする上で周囲の人達のあたたかさにも改めて気づくことができ、やりがいにもつながっています。

株式会社りそな銀行 原田 美優さん

東京都 都立小岩高等学校出身 応用心理学部 健康・スポーツ心理学科 2013 年度卒業

職場からの声

相手の立場に立った、+αの接客を期待します

どんな仕事に対しても真摯に取り組み、より高い目標に向けて常にステップアップできる方だと思います。多岐に渡る銀行業務の中で、店頭にて当社の商品サービスを提案することは大事な業務の1 つです。まだ業務を覚えたての頃から、個人で目標を掲げ、その目標に向けてしっかり勉強をし、お客様におすすめしました。こつこつ努力を重ねたおかげで、次第に提案のコツを掴み、最終的には数字を大きく上回る結果で支店に大きく貢献してくれました。本当に頼りになる後輩です。

株式会社りそな銀行(4 年目) 石井 夏希さん

GRADUATE 02

石橋 真弥子さん

大学で身につけたコミュニケーション能力や
協調性が活きています

健康・スポーツ心理学科の「スポーツ」の部分ではなく、「健康」のワードに着目し、会社説明会に参加しました。地域密着型でお客様を大切にし、新しいことにチャレンジしていくという方針に魅力を感じ、就職を決めました。本来は検査会社ですが、北海道の営業所の衛生検査等のお客様の食品、商品を全国の百貨店やスーパーなどで「北海道物産展」という形で販売し、紹介しています。私の仕事内容の大半が接客と力仕事です。
大学でコミュニケーション能力、人と関わることや協力することを学び、サークルや実習の授業を通して体を動かすことの楽しさと体力が活かされていると思います。社内では唯一エンドユーザーのお客様に直接お会いする機会が多い仕事で、地域の方言や県民性を感じることができ、日々新鮮な気持ちで業務に励んでいます。

株式会社サンリツ 石橋 真弥子さん

千葉県 私立八千代松陰高等学校出身 応用心理学部 健康・スポーツ心理学科 2012 年度卒業

職場からの声

対応力を身につけてパワーアップ

明るく社交的で何事にも常に前向きな性格を活かし、幅広い年齢層のお客様と会話をしながら、百貨店、大手スーパーなどで販売の最前線に立ち、会話の中から販売の経験を積み、自身の学んだことを大いに発揮しています。多くの人達と接し、自身の得た経験を活かして、何事にも常に考え、行動でき、さまざまな場面でも対応できる「対応力」を身に付けてどんな仕事でもこなせる様な人に成長してほしいです。

株式会社サンリツ(12 年目) 宮崎 明義さん

ページトップへ