メニュー

求める学生像

求める学生像はこんな人

  1. 自他の健康を守り、育てることに興味・関心のある人
  2. カウンセリングやスポーツ指導などにかかわる資格取得と、他者を援助できる知識やスキルの修得に意欲のある人
  3. 将来、周囲の人々の元気づくりを支援する仕事(カウンセラーやスポーツ指導者など)を目指す人

東京成徳大学を選ぶ理由

増子雄介さん増子 雄介さん応用心理学部 健康・スポーツ心理学科1年生
千葉県 私立わせがく高等学校出身

スポーツ選手の体と心をサポートしたい

高校野球をやってきたことで、スポーツに関する知識の習得に興味を持ち、健康・スポーツ心理学科に進みました。体を動かすことが好きな私は「フィットネス」という授業を履修し、サッカーやバドミントンを通じて戦法やテクニックを学びました。バドミントンのダブルスの試合では、技術力の高い人が低い人のサポートにまわることで、失点を減らす戦法を学び、サポートの大切さを実感しました。今後は、コーチとして小中学生に野球を教えたり、バッティングピッチャーなど選手を側面からサポートしていきたいです。また、スポーツ心理に関する学びを通して、将来的にはスポーツ選手のメンタル面をサポートする仕事に就きたいと考えています。

ページトップへ