お知らせ

2018/02/01その他

2019年4月に、国際学部国際学科を開設します(仮称・設置構想中)

東京成徳学園では創立100年に向けて「東京成徳ビジョン100」を策定し、建学の精神である「徳を成す人間の育成」と、これからの教育の課題であるグローバル人材の育成をあわせた「『成徳』の精神を持つグローバル人材の育成」という目標を掲げて推進しています。

外国人旅行者の増加や2020年の東京オリンピック・パラリンピックなど、グローバル化が身近になりつつある今、東京成徳大学は、2019年4月に「国際学部国際学科(仮称・設置構想中)」を開設し、「グローバル時代の未来を拓く人材の育成」を目指します。


【INFORMATION】
学部学科名称: 国際学部 国際学科
(仮称・設置構想中)
開設時期: 2019年4月予定
キャンパス: 東京キャンパス(十条)
入学定員: 81名(予定)

1年次後期から、全学生がアメリカまたは韓国に長期留学します。
まず現地の語学学校で、英語または韓国語の「聞く」「話す」「読む」「書く」をブラッシュアップします。
その後、語学レベルに応じて提携大学に学期入学することも可能です。
1年次の早期の留学経験は、その後のグローバルコミュニケーション能力の育成に大きな意味を持つでしょう。

英語については、ベルリッツメソッドの導入で、これまでの中学・高校の授業では十分身につけることのできなかった「生きた英語力」を強化。
留学先でコミュニケ-ションに困らないようしっかりとした英語を身につけるとともに、グローバル社会で通用する語学力を修得します。

※東京成徳大学とベルリッツでカリキュラムを共同開発(予定)

海外留学では、多様な文化的背景を持つ人々との出会いがあリます。
本学では、世界の様々な文化や国際情勢を学ぶと同時に、日本の歴史や伝統文化、芸能からマンガまでのポップカルチャー(大衆文化)を学び、異文化理解・自文化理解を深めていきます。
日本を知リ、世界を学ぶ「多文化共生」のカリキュラムが特色です。

「学んだ語学で自分の考えを表現し、他者の意見にも耳を傾ける」ことができる学修環境を用意しています。
ネイテイブスピーカーと会話を楽しむことができるラウンジや、ディスカッションが中心のアクテイブな授業を支えるラーニング・コモンズなど、グローバルな学びの環境を整えています。
また、学内のICT設備を使用して、データの扱いやその加工を学び、留学先で出会った友人たちへ情報発信ができ、世界とつながる学生生活を送ることができます。





※新学部・学科等の内容については変更する場合があります。

カリキュラム、入試日程などの詳細は、決まり次第、順次本学ホームページ等でご案内します。