メニュー

お知らせ(総合案内)

2019/03/19

大学・大学院卒業式学位記授与式を挙行しました

 よく晴れた2019年3月18日(月)の10時30分から、東京都港区芝のメルパルクホールにて、学部学生361名、大学院生22名(修士課程20名、博士課程2名)の卒業学位記授与式を行いました。会場には学生のご家族や関係者が大勢参列され、ほとんどの教職員も立会いました。
 まず人文学部から始まり、応用心理学部、子ども学部、経営学部そして大学院の順に卒業生・修了生代表に学長から学位記が手渡されました。
 そのあとの学長告辞では、「人生を『山登り』と『川下り』に例えて、目標や計画を立て一歩一歩地道に生きていくこと、そして想定外のことが起きても、それを乗り越えて進んでいくことの大切さ」が述べられました(「学長短信」に全文掲載)。
 続く理事長祝辞では「社会で求められる基本的なことを行い、笑顔を忘れずに社会人として立派に成長してください」と、来賓祝辞として学園長から「仕事をしすぎて身体を壊さないよう頑張ってください」と、それぞれ卒業生の今後の人生にエールが送られました。
 最後に、学部卒業生を代表して子ども学部の近野咲さんと大学院修了生代表として内山和希さんから「大学と教職員に対する謝辞」が述べられ、式典が無事に終了しました。
 卒業生・修了生の皆さんのご活躍を祈念しております。



                  

ページトップへ