メニュー

お知らせ(東京成徳短期大学)

2018/08/23

平成30年度「幼児体育指導者検定」の様子(資格認定講座)

8月6日(月)、7日(火)の二日間にわたり、本学体育館と講義室にて「幼児体育指導者検定」の認定講座が実施されました。本学の整った講義室、体育施設の中で安定した実技学習が行われ、二日間みっちりの講習会にも関わらず、受講した学生たちのお互いを励まし合いながら学習に臨み、大変充実した講習会となりました。また今年度学内で受検した2年生106名は、居残り練習の甲斐もあって筆記試験と実技試験を見事クリアし、無事に2級合格を手にすることができました。

近年、子どものあそび環境は大きく変化を遂げています。失われつつある3つの間(時間・空間・仲間)をはじめとして、運動あそびはこれからますます保育現場において求められる活動の一つなってくるでしょう。幼児体育指導者検定は、こうした運動あそびを適切な理論的知識に基づいた援助の下で安全に実施できることを証明する資格の一つとして本学では位置付けています。より現場に即した実践的な指導資格として、就職後も子どもたちと自信を持って安全に楽しく関わり、指導力を発揮できるようにと考えています。

※ 本学は幼児体育指導者検定の「認定校」として登録しています。在校生のみならず、本学の卒業生、今回残念ながら見逃してしまった2年生の皆さんは他の会場でも受検することができます。詳細は担当教員か教務課まで。

                                       (担当教員 池田三鈴)

1日目の午後は体育館でしっかり実技を学びました。



実技試験に向けて、しっかりデモンストレーションを行います。


マット補助の訓練では、適切な声かけと安全な補助の仕方を学びます






資格講座を通してしっかり学ぶことで、自信と共に実力をつけて子どもと共に安全な運動あそびの活動が展開できる先生になってください!ご指導いただきました幼少年体育協会の先生方、大変ありがとうございました。


ページトップへ