メニュー

お知らせ(大学院)

2016/12/12

東京キャンパスで日本学校心理士会2016年度大会が開催されました

日本学校心理士2016年度大会が12月3日(土)・4日(日)の2日間にわたって、本学東京キャンパス(十条)において開催されました。2日間で約750名の会員、教育関係者の方々が本学を訪れ、2日間の全プログラムを滞りなく終えることができました。


 
3日(土)は日本学校心理士会会長でもある石隈利紀先生の『「チーム学校」の充実を目指して~学校心理士の役割と課題~』と題した基調講演が行われました。

  

また、「学校心理士と公認心理師」をテーマに石隈先生が司会・コーディネーターを務められた企画シンポジウム、「マイノリティの子ども達への心理教育的アプローチを考える」をテーマとし、新井が司会、田村が話題提供者の一人として参加した大会シンポジウム(他2件)も開催されました。

 
 
その他にも40件のポスター発表や情報交換会が行われ、情報交換会ではベテランから若手まで、さまざまな大学や諸機関の関係者が集い、大変貴重な機会となりました。

 
 
4日(日)は12名の各専門分野の先生が講師を務められた研修会、その他にもSV研修会や日本学校心理士会総会も開催しました。

参加いただいた皆さまからは、大会全体の内容が充実していただけでなく、「大変綺麗なキャンパスだった」、「スタッフの学生さん(院生・学部生)の気働きが素晴らしかった」等のお褒めのお言葉をいただき、運営に携わってきた準備委員一同、様々な苦労が吹き飛ぶ思いがし、ホッとしております。

今回運営に携わってくれた院生の皆さんは、学会の開催に関わることで、学術集会の緊張感を味わいつつ、さらにはさまざまな先進的な事例に触れられ、またいろいろな先生方とも接することができた良い機会となったのではないでしょうか。今回得ることができた知識、経験、人脈等は今後の学修、研究、自身のスキルアップ等に繋がることと思います。

本大会開催にあたり、ご参加いただきました皆さま、運営にご協力いただきました本学教職員、大学院生、臨床心理学科学生の皆さまに心より感謝申し上げます。

(大学院心理学研究科長 新井邦二郎、大会準備委員長 田村節子) 
 

ページトップへ