メニュー

感染症による登校禁止及び手続

十条台キャンパス

病院で学校感染症を診断されたら、ただちに保健室に電話連絡してください。
なお、新型コロナウイルス感染症に感染したり、感染の疑いがある場合はキャンパスライフ支援課(03-3908-4569)に連絡してください。 
※学内の感染症拡大防止のための措置なので、診断後は速やかに連絡してください。
 事後報告は受理しません。 

連絡先 Tel(代表)03-3908-4530
《保健室》月~金曜/9時~17時、土曜14時まで。
《キャンパスライフ支援課》月~金曜/8時45分~17時、土曜14時まで。

学校感染症と診断された後の手順

A.学校感染症(インフルエンザを除く)と診断された場合
  1. ただちに保健室に電話をする。
  2. 医師の指示に従い、登校が許可されるまで療養する。
  3. 治癒後、医療機関において治癒証明書に記入、押印してもらう。
    治癒証明書の「登校可能日」から登校できます。
  4. 登校初日
    (1)保健室に治癒証明書を提出する。保健室でコピーを1部もらい、(2)以下の証明として持ち歩く。
    (2)欠席届を記入、教務課に提出し、確認印をもらう。その際、治癒証明書のコピーを提示する。
    (3)欠席した授業の担当教員に欠席届を提出する。

A.治癒証明書(インフルエンザを除く).pdf

B.インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)と診断された場合
  1. ただちに保健室に電話をする。
  2. 登校の目安の状態に至るまで外出を控え、療養する。
     登校の目安:発症後(発症日を第0日として)5日を経過した第6日目、かつ解熱した後(解熱日を第0日として)2日を経過した第3日目。
  3. 登校の目安の状態に至ってからインフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)治癒報告書に記入し、登校する。
  4. 登校初日
    (1)インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)治癒報告書と医療機関を受診した際の領収書、処方された薬の説明書を保健室に提出する。
     保健室で治癒報告書のコピーを1部もらい、(2)以下の証明として持ち歩く。
    (2)欠席届を記入、教務課へ提出し、確認印をもらう。その際、治癒報告書のコピーを提示する。
    (3)欠席した授業の担当教員に欠席届を提出する。

 B.インフルエンザ治癒報告書.pdf

よくある学校感染症と登校禁止の期間

インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで。
百日咳 特有の咳が消失するまで。または5日間の適正な抗菌性物質製剤の治療が終了するまで。
麻疹 (はしか) 解熱後3日
流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。
風疹 (三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘 (水ぼうそう) 発疹がかさぶたになるまで
咽頭結膜熱 (プール熱) 症状消失後2日
結核 医師の指示 髄膜炎菌性髄膜炎 病状により学校医等が感染の恐れがないと認めるまで。

 

八千代キャンパス

 病院で下表に記載されている感染症と診断された場合は、学内外への感染を防止するため、医師から通学許可が出るまで大学への出校を停止します。
 
なお、新型コロナウイルス感染症に感染 又は、感染の疑いがある場合は、下記 八千代事務部 学生支援担当に連絡をしてください。 
※学内の感染症拡大防止のための措置ですので、診断後は速やかに連絡してください。
 
連絡先
 
《学 生 支 援 担 当》   電話 047-488-7112 月~金曜 / 8時45分~17時、土曜14時まで。
 
学校保健安全法施行規則第18条に定める感染症

感染症の種類 病名
第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急
性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る)、特定鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症、新型コロナウイルス感染症
第2種 インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふく
かぜ)、風疹(3日はしか)、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角 結膜炎、急性出血性結膜炎、
その他の感染症
その他の感染症 感染症胃腸炎(ノロウイルス感染症、ロタウイルス感染症など)、サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフスを除く)、カンピロバクター感染症、マイコプラズマ感染症、インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症、溶連菌感染症、伝染性紅斑、急性細気管支炎(RSウイルス感染症など)、EBウイルス感染症、単純ヘルペス感染症、帯状疱疹、手足口病、ヘルパンギーナ、A型肝炎、B型肝炎、伝染性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、アタマジラミ、疥癬、皮膚真菌症

授業欠席に関する相談は教務担当にしてください。

治癒証明書

ページトップへ