メニュー

東京成徳大学の新型コロナウィルス対策について

東京成徳大学では、新型コロナウィルスの流行に伴い、状況を見据えながら、「危機対策本部」を設置し、感染拡大の防止と学生の安全を図るため、2月5日以降、注意喚起、諸行事の中止、延期、変更を行っております。授業開始等の詳細につきましては、随時本HPにおいて発表いたします。

最新情報はこちら
https://www.tsu.ac.jp/tabid/201/Default.aspx

短期大学・大学の4月からの当面の感染防止策  
十条台・八千代キャンパス危機対策本部

◎感染者の公表について(2020年10月15日現在) 

本学の教職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
 
※当該感染者は、キャンパス内での在学生及び他の教職員との濃厚接触は認められておりません。
※感染者やそのご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
※このページの内容に関する問い合わせは総務課までお願いします。


学生・保護者の皆様―施設設備費等について

2020・10・15
東京成徳大学学長  新井邦二郎
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

 コロナ禍の収束の兆しが見えない日々が続いておりますが、皆様に置かれましては、毎日、不安や不便を感じながら過ごされていると推察いたします。
 さて、前期時の遠隔授業やキャンパスへの入構制限で、施設利用ができなかったことに関連して、施設設備費等の取り扱いへのご質問を複数の方からお寄せいただきました。このことについての本学の考えを、学生や保護者の皆様へお伝えさせていただきます。

1.施設設備費についての考え方
 施設設備費は、主として教育研究活動の施設設備の整備・拡充のための費用としてご納付頂いております。学内学修環境の整備の他にも、既設設備の維持管理や老朽施設設備の更新など、必要な費用に充てさせていただいているものです。
 また、施設設備費は整備・拡充された施設設備の使用が長期に亘るために年平均のご負担額として設定しており、ご負担額が集中しないよう前・後期に振り分けて設定しております。
 この点から、施設設備費は「学び」を遅滞することなく持続的に、入学から卒業までの教育研究活動、学修や課外活動の環境提供を安定的に支えるためのご負担額という位置付けでございます。

2.前期の遠隔授業やキャンパスへの入構制限中の学生支援について
(1)学修支援について
 本学では、キャンパス入構制限でご不便をかける中、少しでも在学生皆様の学修等支援となるように、施設利用への代替や臨時サービスとして次の事項を実施しました。
(ア)遠隔授業機器の無料貸出について
 遠隔授業受講の準備が止むを得ず間に合わない方に、数に限りはありましたが、遠隔授業機器(タブレット端末・ポケットWi-Fi)の無料貸し出しを行いました。
(イ)図書館関連サービスについて
 登校・入館がままならないために、4月にデータベースの学外アクセスを可能に、5月に無料郵送貸し出しを開始、6月に事前予約制を踏まえた来館利用を開始、7月に電子書籍の無料貸出サービス(LibrariE)を開始する等をしてきました。
(2)学生生活の相談体制について
 コロナ禍の収束の見通しがたたず、生活そのものや、就職活動の環境変化へ不安をお感じになった方も少なくないと考え、登校できなくても相談に応じられる遠隔相談体制を整備し、学生相談や就職相談対応を行いました。
(3)本学独自の経済的支援について
 遠隔授業の受講環境整備に必要な経費負担を支援する目的等から、5月には在学生一律10万円給付を行いました。また、コロナ禍に伴う家計急変による修学困難者への学納金減免制度も設けました。さらに学費の納付が困難な場合は、分納・延納期限の最長1年間延長や経済的事情により卒業が困難な学生に対する学納金免除の拡大を実施しております。

 その他、現在は対面授業において学生の皆様が、安全に大学生活を送れるよう、特に学内の清掃・消毒作業準備・実施や消毒用アルコール配置拡充等の整備に努めております。
 本学園としましては、生命の安全及び健康の維持を第一に考え、キャンパス入構制限をせざるを得ず、その結果、学生の皆様にはご不便をおかけしたわけですが、一方では授業はもとより、学修の質の担保のために、代替策等をできる限り打ち出し実行してきたところです。
 この点もご考慮いただきまして、施設設備費への本学の考え方に格段のご理解を賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上


学生の皆さまへ-2020年度後期の対面授業に参加する際の注意事項について(2020年9月26日)

2020年9月26日
東京成徳大学・東京成徳短期大学

 9月28日から後期の授業を開始します。十条台キャンパスにおいては遠隔授業を中心としながら対面授業の実施を、八千代キャンパスにおいては基本的に対面授業の実施を目指します。しかし対面授業開始後に,学内で感染者が発生した場合には,対面授業を遠隔授業に切り替えることを検討します。こうした事態を招かないため本学としてはできる限りの感染防止策を実施しますが,対面授業に参加する学生の皆さまには,学内外で「感染しない。感染させない。」という原則に基づいて責任ある行動をとっていただくようお願いします。 

1 日常の感染予防と健康管理について 
(1)手洗い,うがいを徹底し,人の集まる場所(教室,キャンパスを含む)では常にマスクの着用をお願いします。マスクを着用しない方の入構を断る場合があります。
(2)学内外を問わず「密閉」「密集」「密接」を回避し,ソーシャル・ディスタンスを保ってください。
(3)十分な睡眠,バランスのとれた食事と適度な運動を心掛けてください。
(4)風邪の症状(発熱,咳,倦怠感,嗅覚・味覚異常など)が見られるときは,自宅で休養をとり大学構内には入構しないようにしてください(薬を服用していない状態で,風邪症状が消失し,3日以上経過しなければ,大学構内に入構できません)。
(5)新型コロナウイルス感染症が疑われる症状が続く場合,あるいは、少なくとも以下のいずれかに該当する場合は、「帰国者・接触者相談センター」等に速やかに相談してください。
  ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 
  ・重症化しやすい方(※)で発熱や咳等の比較的軽い風邪の症状がある場合 
  (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  ・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
   新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター
   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
   ○東京都新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(0570-550-571,土日祝日含む9時~22時対応)
   ○埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター(0570-783-770,土日祝日含む24時間対応)
   ○千葉県新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(0570-200-613,土日祝日含む24時間対応)
(6)会食(飲酒を伴う会食,集会,カラオケ他)や不要不急の集団活動は感染が落ち着くまで,自粛してください。 
(7)国が作成した「新しい生活様式」を参考に、withコロナ時代に合致した行動を継続してください。

2 対面授業の参加について 
(1)検温を習慣化し,体温が普段より高め(概ね37.5度以上)の場合,体調に不安がある場合は自宅に待機してください。
   37.5°C以上の場合は、入構できません。
(2)入構時には,入り口に設置されているサーモグラフィ・カメラで必ず検温してください。(八千代キャンパスは入り口がたくさんある関係上、サーモグラフィ・カメラを設置していません)
(3)入構した後,各建物の入口に設置されている消毒液で手指を消毒してください。
(4)入構後に体調に不安を感じた場合は,決して無理をせず,直ちに帰宅してください。
(5)「接触確認アプリ」(「COCOA」)の使用を奨励していますので、インストールに協力してください。
(6)対面授業では「座席指定制」を行いますので、協力をお願いします。
(7)昼食は、マスクを外すので、感染リスクが非常に高くなります。指定された場所において、手洗い・対面にならない着席・私語の禁止の3つを守って食事をしてください。
(8)授業終了後は、できるだけ速やかに帰宅してください。
                                   
3.自分に感染の疑いがある場合
(1)自分がPCR検査で陽性となった場合
   直ちに大学へ連絡してください。
   ・十条台(東京)キャンパス キャンパスライフ支援課 TEL:03‐3908‐4569   gakusei@tsc.ac.jp
   ・八千代(千葉)キャンパス 事務部学生支援担当 TEL:047‐488‐7112  gakusei@tsu.ac.jp
   ※各キャンパス受付時間月~金 8:45~17:00/土8:45~14:00 ※日曜・祝日は休業
   なお、対面授業への出席については、保健所または医療機関の許可が出てから対面授業に出席してください。
(2)保健所から濃厚接触者と特定されたとき
   直ちに大学へ連絡してください。上記(1)参照。
   陽性者と最後に接触した日の翌日を1日目として、14日目まで大学構内に入構できません。 PCR検査で陰性判定となった場合も、この期間は短縮できません。なお、保健所からの指示があった場合は、その指示にも従ってください。
(3)発熱等の風邪症状や味覚・嗅覚障害などがあるとき
   発症後8日以上経過しており、かつ薬剤を服用していない状態で解熱並びに症状が消失して3日以上経過するまで、大学構内に入構できません。症状が改善されない場合は、速やかに「かかりつけ医」や「帰国者・接触者相談センター」等に相談してください。
(5)以下の場合は、学校保健安全法の規定による「出席停止」の扱いとなります
  • 学生本人が新型コロナウイルス感染症に感染した場合
  • 保健所から濃厚接触者と特定された場合
   また発熱等の症状がみられ感染が疑われる場合も「出席停止」と同等の扱いとします。いずれも出欠において不利益にならないように取り扱います。
   具体的な授業の対応は、十条台教務課または八千代教務担当に相談してください。
   十条台(東京)キャンパス 教 務 課 TEL:03-3908-4563  kyoumuka@tsc.ac.jp
   八千代(千葉)キャンパス 教務担当 TEL:047-488-7113  kyomu@tsu.ac.jp
   ・遠隔授業の場合は自宅で受講することができます。遠隔授業を欠席するか、または受講するかについて授業の担当教員に連絡をしてください。

4.家族等の同居者に感染の恐れがある場合
(1)同居者の陽性診断が確定したとき
   最後に接触した日の翌日を1日目として、14日目まで大学構内に入構できません。なお、同居者が自宅療養となった場合は、同居者のPCR検査が陰性となった日の翌日を1日目として、14日目まで大学に入構できません。(本人がPCR検査で陰性となった場合もこの期間は短縮できません)
(2)同居者が保健所から濃厚接触者と特定されたとき
   同居者がPCR検査で陰性と確認され、本人に症状がなければ入構可能です。同居者のPCR検査結果が出るまでは入構できません。

5.感染者発生時の大学の対応
(1)学内関係者の感染が判明した場合は、保健所等の指示に基づいて濃厚接触者の調査、必要な消毒等を行います。
(2)発症日や発生状況から、一時的なキャンパス入構停止、遠隔講義への切り替えなどの措置を講じる可能性があります。その場合はHPやメールを通じてお知らせします。

以上

追記1:課外活動
(1)リモートでできる活動については、リモートで行ってください。
(2)対面での課外活動の再開は「許可制」です。必ず「許可」を得てから再開してください。
(3)活動への参加は各自の任意としてください。参加の強制はしないようにしてください。
(4)当日の参加者名簿・健康管理表を作成し、保管してください。
(5)必ず「感染監視責任者」の下で活動をしてください。
(6)危機対策本部の「課外活動再開についての注意事項」を参照してください。

追記2:接触確認アプリ「COCOA」で「接触あり」と通知があった場合の対応
(1)症状がない場合:アプリの手順に従い保健所との相談等よりPCR検査を受けるかどうか決めます。
 (a) PCR検査を受けた場合:結果が出るまで自宅待機し、陽性となった場合は、保健所の指示に従ってください。
 (b) PCR検査を受けない場合: 2週間は自身の体調の変化に注意して登校してください。
 (c) 症状がなくとも3密の場所に行ったり、周囲に感染者や感染を疑う人がいた場合: PCR検査を受けてください。またその結果が出るまでは自宅待機してください。
 (d) 経過中に症状が出た場合:PCR検査を受け、それが陰性であっても発症後8日間かつ症状消失後3日間の自宅待機をしてください。
 (e) 学外での実習がある学生の場合: 症状が無くてもPCR検査を受けてください。その結果を含め、その後の実習の可否について担当教員と相談してください。
(2)症状がある場合:PCR検査を受け、それが陰性であっても、発症後8日間かつ薬等の内服なしで症状消失後3日間の自宅待機をするようにしてください。陽性の場合は保健所の指示に従ってください。
(3)大学への連絡・報告について
   「COCOA」の通知があっても、症状がなく、周囲に感染者や感染を疑う人がいなければ、大学への報告は必要ありません。PCR検査を受けた場合も報告は必要ありませんが、陽性と診断されたら、必ず大学に報告してください。

【重要なお知らせ】2020年度後期の授業について(2020年8月7日) ◎感染者の公表について(2020年8月4日現在)

本学の学生1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

2020年8月4日現在の感染者数(累計)
学生1名
 
※当該学生は、4月の入構規制実施以降、キャンパス内に入構しておらず、在学生及び教職員との接触も認められておりません。
※感染者やそのご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
※このページの内容に関する問い合わせはキャンパスライフ支援課までお願いします。

 ◎【在学生の皆様へ】夏休み中における学生生活について(2020年7月30日現在)
この前期期間中、東京成徳大学・東京成徳短期大学は、感染拡大の防止を最優先に考え、インターネットを活用したオンライン授業を原則としました。
9月末から始まる後期の授業の「形態」については、8月上旬に公表することを目途に現在検討しております。
新型コロナウイルス感染については、緊急事態宣言の解除後に各種の自粛が緩められるに従い、感染状況が悪化し、とりわけ若い年齢層の感染が拡大しました。
夏休みが間もなく始まりますので、学生の皆さんには新型コロナウイルスの感染に十分に注意した日々の生活を過ごすようお願いします。
 
(1)マスクや手洗い・手消毒等の励行
夏の熱中症に十分に注意しながら感染の可能性が少しでもあるときはマスクを着用してください。
仲の良い友だちと話すときマスクをすることはエチケットです。
また、不特定多数が触れるものはなるべく触れないようにして、外出から戻りましたら、手洗い・手消毒、うがいを必ず行ってください。
毎日の体温や体調をチェックし記録していくことを、是非お勧めします。
 
(2)友だちや仲間との食事・会食や帰省・旅行
感染リスクが最も高くなるのは、マスクを取って食事をする時です。
家族以外の人との食事は、換気のよい場所の対面しない位置で会話を控えめにとるようにしてください。
アルコールの入る会食については、もうしばらく我慢してださい。カラオケも同じで感染リスク度が非常に高いです。
帰省や旅行についても、「自分が感染しない・人に感染させない」よう十分に注意してください。
 
(3)アルバイト
3密(密閉・密集・密接)の環境のもとでのアルバイトについては、最大限の注意が必要です。
特にアルコールを提供しながら感染症対策が十分に取れていない職場でのアルバイトは避けてください。

(4) クラブ(部)・サークル活動
オンラインによるクラブ(部)・サークル活動は感染リスクがないのでお勧めです。
学生数の少ない八千代キャンパスにおいては夏休み期間中の活動を認めていきますが、運動系の部、サークルが集団練習をする際は感染防止を監視する者(顧問、代表責任者、その他)が必ず現場にいることとし、宿泊を伴う遠征や合宿については新型コロナウイルス感染が収束するまで中止します。
 
(5)キャンパスへの入構
図書館や就職相談、学生相談、学修相談など、学内に用事がある場合は、事前にメール等で教職員に連絡をすれば入構を認められます。
また、一部の対面授業の履修者も入構できます。体温や体調の異変がないかどうかを確認の上、マスクをして登校してください。
 
後期において元気な姿の皆さんとお会いできることを楽しみにしています。


 
【重要なお知らせ】2020年度前期における遠隔授業実施および定期試験等について

2020年5月25日
東京成徳大学長   新井 邦二郎
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

首都圏においても新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されることになりました。現在、感染のリスクが低くなってきたとはいえ、今後において再び感染の広がる可能性が指摘されているところです。ついては、学生の皆さんの安全を考慮し、以下のとおり本学の方針を定めましたのでお知らせします。
学生の皆さんに、より良い教育が提供できるよう教職員一丸となって、この困難を乗り越えて参りたいと思いますので何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
(1)前期のすべての授業を原則、遠隔授業とします
本学では5月11日から、インターネットを介した遠隔授業を実施しておりますが、学生の皆さんの健康と安全を第一に考え、前期のすべての授業を原則、遠隔授業とすることにしました。このように遠隔授業が続きます。学生の皆さんには、本学の「学生一律10万円の給付金」を活用して、学修環境整備にいっそう努めていただきますようお願いします。
なお、国の資格取得にかかわる授業科目の一部や対面式でないと教育効果が得にくい授業内容の一部については、「3密対策」を十分に施したうえで学内授業を行うことがあります。その場合は担当教員の指示に従って受講してください。

(2)8月6日から12日に予定していた前期定期試験は実施せず、その他の方法により成績評価を行います
成績評価方法については、担当教員より授業内試験(小テスト)や課題提出など別途指示がありますので、こちらも担当教員の指示に従ってください。

(3)学生の登校を引き続き制限します
ただし、事前に許可を得た対面式授業や本学の企画に参加する場合、就職相談、学生相談、授業履修相談、卒論・修論等作成、図書館の本の貸出・返却などで事前に担当部署の承認を得た場合などの登校を認めていきます。

(4)クラブ(部)・サークル活動は、学内授業の全面的な再開まで原則として禁止します
学内授業の全面的再開後において、個々のクラブ(部)・サークル活動の「3密」対策を考慮のうえ、活動再開については個々に認めていく予定です。しばらくの我慢をお願いします。

 

◎保護者の方へ:学長メッセージ

2020年5月8日
東京成徳大学長 新井 邦二郎
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

 東京成徳大学・東京成徳短期大学が、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、授業開始の延期、学生の登校の原則禁止など、学生の皆さんに多大なご不便をおかけし、また保護者の皆様にはご心配をおかけしています。すでにホームページにてご案内していますように、5月11日(月)から授業を開始し、また授業はすべて遠隔授業にて実施いたします。これに合わせて、遠隔授業を受講するのに必要な端末機器等の準備をお願いしているところです。

 新型コロナウイルスの感染拡大が、国民の社会経済活動に影響し、学生ならびに保護者の経済力の低下を生じさせています。学生や保護者の皆様には、日本学生支援機構のほか国や地方自治体、通信会社等が行うさまざまな新しい支援策を積極的に活用していただきたく思います。それと並行して、本学においても学生の修学支援として、(1)全員一律10万円の給付、(2)学費の納付が困難な場合は、分納・延納期限の最長1年間延長、(3)本学独自の学費減免制度の拡大等を実施いたします。またどうしても遠隔授業の受講準備のできない学生の皆さんには、調査の上、数量に限りはありますが、本学の用意した機器等の貸出しを行います。さらに図書館は、学生が登校できない期間、無料の郵送貸出しを行います。学生相談室及び就職相談についても遠隔相談を実施します。

 遠隔授業ですが、すでに開始している他の大学の例ですと、遠隔授業に対する受講準備の不十分な学生がいたり、教員の遠隔授業そのものが途中でストップしたりして、少なからずのトラブルが発生しています。全国の大学と同様に、本学の学生の皆さんも教員も、遠隔授業は初めての経験であります。5月11日からスタートする遠隔授業について、最初の2,3週間はトラブルが発生しても、学生、保護者の皆様に冷静に行動をしていただくことをお願いいたします。教員と学生とがコミュニケーションをよく取り、ひとつずつ改善をして行き、授業を軌道に乗せたいと考えております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 学生の皆さん、特に1年生の皆さんは、授業開始を待ち望まれていると思います。新型コロナウイルス感染拡大防止のために、キャンパスでの本格的な学生生活の開始までには、まだ時間がかかりそうです。学生・保護者の皆様には、依然としてご不便やご負担をおかけすることになりますが、この難局を共に乗り越え、通常の学生生活が一日も早く戻ってくることを心より願い、皆様の重ねてのご理解とご協力をお願いいたします。

以上

〇学生(大学院生を含む) 
0. 緊急事態宣言期(4/9~5/31)においては、原則登校を禁止する。ただし、事前に問い合わせでの対応が難しいと判断された場合に限り、学部学科または事務局から特別に登校を許可する
   事前問合せ先 →https://www.tsu.ac.jp/tabid/751/Default.aspx
1. 日常の体調管理(体温測定を含む)を行い、4日間の発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状がある場合及び感染者と濃厚接触した場合は、登校禁止とする。この場合、公欠に準じた配慮を行う 
2. 発熱や体調不良などが見られる場合は、登校を控える。登校してから発熱や体調不良が生じた場合は、保健室に行き看護師のアドバイスに従う。 
3. 校内でのマスク着用、咳エチケット、うがい、石鹸等による手洗い、アルコール消毒を奨励する 
4. 通学時での感染にも十分に注意して、マスク着用と不必要な場所に触れないよう心がける 
5.授業終了後、速やかに退校し、帰宅する。帰宅後も不要不急の外出を避け、特に飲食や会合などは感染に十分に注意する 
6.当分の間、部活動、サークル活動の中止を継続し、再開については部、サークルごとに、提出された感染防止策を検討の上、判断する 
7.外国から渡日・帰国した場合は、大学(キャンパスライフ支援課)への連絡と2週間の自宅待機と体調管理(体温測定を含む)を求める。自宅待機中の授業欠席については、公欠に準じた配慮を行う 
8.医療的ケアが日常的に必要な学生及び基礎疾患等のある学生については、主治医等と相談し登校については個別に判断する。授業の欠席は、公欠に準じた配慮を行う 

〇教職員(非常勤講師等を含めて)
1.日常の体調管理(体温測定を含む)を行い、4日間の発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状かつ呼吸器症状がある場合及び感染者と濃厚接触した場合は、出校禁止とする。また発熱や体調不良などが見られる場合は、出校を控える。出校してから発熱や体調不良が生じた場合は、保健室に行き看護師のアドバイスを受けて行動する。
2.勤務中のマスク着用、咳エチケット、うがい、石鹸等による手洗い、アルコール消毒に心がける
3.授業担当者に授業時、マスク着用することを推奨する。 なお(八千代キャンパス)聴覚障害学生は、手話や補聴器の音だけでなく話者の口を見て言葉を判断するので、マスクを取って学生との距離をあけるなどの対応を行う
4. 授業担当者は、教室の規模・受講生の人数に応じて授業中に「窓開けタイム」(数分程度)を設け教室の換気を行う。また授業終了後、換気のため窓を開けた状態で退室する
5. 授業は、当面、グループワークなど、学生どうしの話し合いを避ける。授業の性質上、グループワークを実施せざるを得ない場合は、全員にマスク着用やハンカチによる手マスクの奨励と咳エチケットを義務づける。特に感染のリスクの高い体育の実技等の科目については、特段の安全対策を講じる
6. 事務室、研究室、講師控室等は定時的に窓を開け換気を行う
7.警備、清掃、通学誘導、食堂、コンビニ、バス、工事など本学の業務を行うスタッフの出校等についても、上記に準じる。その体調管理については担当部署が責任をもって行う

〇昼食(十条台キャンパス)
1. 食堂は、定食等の食事形式を止め、すべて「弁当」とする
2. カフェテリアに学生が集中しないよう、6号館等複数個所において弁当やパン販売を行う
3. 教室やラーニングコモンズにおける食事を許可する
4. カフェテリアとコンビニ付近の椅子は、感染防止の視点から配置を工夫する(椅子の移動禁止)
5. 昼食時が感染リスクの最も高いことから、感染に十分に注意した食事の仕方を奨励する
6. カフェテリア内のコップ、トレイの提供を中止する
7. 八千代キャンパスの食堂については、別途工夫する

〇建物
1. 新学期開始前に教室、事務室、研究室を含めた全施設の空調機フィルターを洗浄する
2. 日常清掃でアルコールや次亜塩素酸ナトリウム水溶液による消毒を継続実施する
3. 建物内の必要な個所にワンプッシュ消毒を用意する

時系列による本学の対策
★8月4日 
感染者の公表について(2020年8月4日現在)

2020年8月4日
東京成徳大学

本学の学生1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

2020年8月4日現在の感染者数(累計)
学生1名
 
※当該学生は、4月の入構規制実施以降、キャンパス内に入構しておらず、在学生及び教職員との接触も認められておりません。
※感染者やそのご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。
※このページの内容に関する問い合わせはキャンパスライフ支援課までお願いします。

 
以上

★7月30日
【在学生の皆様へ】夏休み中における学生生活について

2020年7月30日
 東京成徳大学学長 新井邦二郎
東京成徳短期大学学長 木内 秀樹

この前期期間中、東京成徳大学・東京成徳短期大学は、感染拡大の防止を最優先に考え、インターネットを活用したオンライン授業を原則としました。
9月末から始まる後期の授業の「形態」については、8月上旬に公表することを目途に現在検討しております。
新型コロナウイルス感染については、緊急事態宣言の解除後に各種の自粛が緩められるに従い、感染状況が悪化し、とりわけ若い年齢層の感染が拡大しました。
夏休みが間もなく始まりますので、学生の皆さんには新型コロナウイルスの感染に十分に注意した日々の生活を過ごすようお願いします。
 
(1)マスクや手洗い・手消毒等の励行
夏の熱中症に十分に注意しながら感染の可能性が少しでもあるときはマスクを着用してください。
仲の良い友だちと話すときマスクをすることはエチケットです。
また、不特定多数が触れるものはなるべく触れないようにして、外出から戻りましたら、手洗い・手消毒、うがいを必ず行ってください。
毎日の体温や体調をチェックし記録していくことを、是非お勧めします。

 
(2)友だちや仲間との食事・会食や帰省・旅行
感染リスクが最も高くなるのは、マスクを取って食事をする時です。
家族以外の人との食事は、換気のよい場所の対面しない位置で会話を控えめにとるようにしてください。
アルコールの入る会食については、もうしばらく我慢してださい。カラオケも同じで感染リスク度が非常に高いです。
帰省や旅行についても、「自分が感染しない・人に感染させない」よう十分に注意してください。
 
(3)アルバイト
3密(密閉・密集・密接)の環境のもとでのアルバイトについては、最大限の注意が必要です。
特にアルコールを提供しながら感染症対策が十分に取れていない職場でのアルバイトは避けてください。

(4) クラブ(部)・サークル活動
オンラインによるクラブ(部)・サークル活動は感染リスクがないのでお勧めです。
学生数の少ない八千代キャンパスにおいては夏休み期間中の活動を認めていきますが、運動系の部、サークルが集団練習をする際は感染防止を監視する者(顧問、代表責任者、その他)が必ず現場にいることとし、宿泊を伴う遠征や合宿については新型コロナウイルス感染が収束するまで中止します。
 
(5)キャンパスへの入構
図書館や就職相談、学生相談、学修相談など、学内に用事がある場合は、事前にメール等で教職員に連絡をすれば入構を認められます。
また、一部の対面授業の履修者も入構できます。体温や体調の異変がないかどうかを確認の上、マスクをして登校してください。
 
後期において元気な姿の皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

以上


★7月1日

【図書館より】電子書籍の貸出サービス開始のお知らせ

7月6日(月)より電子図書館サービスLibrariEの利用を開始します。LibrariEでは、365日24時間いつでもどこでも、スマートフォン・タブレット・パソコンから電子書籍を貸出・閲覧・返却をすることができます。小説・就職活動本・旅行ガイドブック・料理レシピなど、様々なジャンルを揃えています。下記の利用規則・利用方法をご確認の上、ぜひご利用ください。
電子図書館サービスLibrariEに接続するには図書館HPの図書館カレンダーの上にある「東京成徳大学・東京成徳短期大学電子図書館LibrariE」をクリックしてください。

<利用開始日> 2020年7月6日(月)
<利用規則> 貸出冊数:5冊 貸出日数:14日 延長回数:1回まで可能 予約冊数:5冊まで可能(取り置き期間:3日)
<利用方法> Office365のメールメールアドレス(学籍番号@tsu.ac.jp/学籍番号@tsc.ac.jp)にご連絡したIDとパスワードを使ってログインをしてください。使い方は「電子図書館LibrariE使い方ガイド」をご覧ください。




★5月29日

【図書館より無料郵送貸出の期間延長のお知らせ

本学在学生を対象に、郵送貸出を実施しております。実施内容については次の通りです。今後の状況により、郵送貸出の内容を変更する場合がございます。その場合は、改めて当ホームページ等でご連絡いたします。尚、すでに郵送貸出を利用していた方の貸出図書の返却期限については、2020年9月30(水)に変更しております。変更手続きの必要はありません。
【対 象】短期大学・大学・大学院の在学生
【実施期間】2020年9月15日(火)まで
【貸出冊数】 一人5冊まで(現在貸出中の冊数含む)
【返却期限】2020年9月30日(水)
【送 料】無料
【返 却】原則として遠隔授業期間終了後、所属キャンパスの図書館へ、来館返却とします。ただし、5冊を超えて新たに貸出を希望する場合は、図書館へ連絡をしてください。手続き方法をお知らせいたします。
【申込方法】大学発行のE-mailアドレス(学籍番号@st.tsu.ac.jp もしくは 学籍番号@st.tsc.ac.jp)から、件名を「郵送貸出申込」として以下の事項を記載して、図書館までメールを送信してください。発送の際に、図書館より発送完了メールをお送りします。

 送信先:library★tsc.ac.jp(★を@に置き換えてください)
 メール件名:郵送貸出申込
 記載事項:①所属学科・学籍番号 ②氏名 ③送付先郵便番号・住所(大学に登録している住所) ④電話番号 ⑤書名 ⑥出版社 ⑦資料ID(「資料ID」とはOPAC検索結果に記載された9桁もしくは7桁の数字)※複数冊貸出希望の場合は⑤~⑦を冊数分入力してください。




★5月28日

【図書館より】遠隔授業期間中の図書館の利用について

6月1日(月)以降は、事前申込により来館が可能となります。来館利用をご希望の方は、必ず前日までにそれぞれご利用になりたいキャンパスの図書館宛にお電話でお問い合わせください。
電話受付時間: 月曜日~金曜日 10:00~16:30
十条台キャンパス図書館: 03-3908-3529
八千代キャンパス図書館: 047-488-7105
但し、直接書架へいって本を選んだり、学習室や閲覧席を利用したりすることはできません。利用できるサービスの詳細については以下をご覧ください。ご不便をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応となっておりますので、何卒ご理解、ご協力のほどお願いいたします。
【対象者】在籍者のみ(学部生、大学院生、短期大学生、教職員) ※卒業生・学外者の方は利用できません。
【利用時間】月曜日~金曜日 10:00~16:00   土曜日・日曜日・祝祭日は閉館
【提供サービス】
1.本の貸出(事前申込によりカウンターに取り置き)/返却 返却期限日は、一律 2020年9月30日(水)※但し、2週間以上貸出期間が経過しているものについては、予約が入った場合は返却していただきます。※上限数を貸出中で、新たに貸出を希望する場合は、先に借りたものを返却していただきます。
2.[十条台]学外接続ができないデータベースの利用(必要な情報を入手したら速やかに退出してください。)
3.[十条台]雑誌記事・論文のコピー(必要な情報を入手したら速やかに退出してください。)
4.レファレンスは原則としてメールにて対応いたします。
問い合わせ先メールアドレス:library★tsc.ac.jp(★を@に置き換えてください)
5.学外からの資料の貸借・複写取り寄せをご利用いただけます。
メールにてお問い合わせください:library★tsc.ac.jp(★を@に置き換えてください)



★5月25日

【重要なお知らせ】2020年度前期における遠隔授業実施および定期試験等について
 

首都圏においても新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されることになりました。現在、感染のリスクが低くなってきたとはいえ、今後において再び感染の広がる可能性が指摘されているところです。ついては、学生の皆さんの安全を考慮し、以下のとおり本学の方針を定めましたのでお知らせします。
学生の皆さんに、より良い教育が提供できるよう教職員一丸となって、この困難を乗り越えて参りたいと思いますので何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
(1)前期のすべての授業を原則、遠隔授業とします
本学では5月11日から、インターネットを介した遠隔授業を実施しておりますが、学生の皆さんの健康と安全を第一に考え、前期のすべての授業を原則、遠隔授業とすることにしました。このように遠隔授業が続きます。学生の皆さんには、本学の「学生一律10万円の給付金」を活用して、学修環境整備にいっそう努めていただきますようお願いします。
なお、国の資格取得にかかわる授業科目の一部や対面式でないと教育効果が得にくい授業内容の一部については、「3密対策」を十分に施したうえで学内授業を行うことがあります。その場合は担当教員の指示に従って受講してください。

(2)8月6日から12日に予定していた前期定期試験は実施せず、その他の方法により成績評価を行います
成績評価方法については、担当教員より授業内試験(小テスト)や課題提出など別途指示がありますので、こちらも担当教員の指示に従ってください。

(3)学生の登校を引き続き制限します
ただし、事前に許可を得た対面式授業や本学の企画に参加する場合、就職相談、学生相談、授業履修相談、卒論・修論等作成、図書館の本の貸出・返却などで事前に担当部署の承認を得た場合などの登校を認めていきます。

(4)クラブ(部)・サークル活動は、学内授業の全面的な再開まで原則として禁止します
学内授業の全面的再開後において、個々のクラブ(部)・サークル活動の「3密」対策を考慮のうえ、活動再開については個々に認めていく予定です。しばらくの我慢をお願いします。

 

2020年5月25日
 東京成徳大学学長     新井邦 二郎
 東京成徳短期大学学長 木内    秀樹


 
★5月11日
【学生の皆さんへ】遠隔授業受講のマナー・ルールについて
 

2020年5月11日
 東京成徳大学・東京成徳短期大学教務委員会

東京成徳大学・東京成徳短期大学では、遠隔授業受講のマナー・ルールを以下のとおり策定しました。接続先が、授業担当者の指示したサイト(特にドメイン名に留意)であるか十分に確認し、受講時には本マナー・ルールを遵守するようにしてください。

  1.授業環境や受講態度等について
 (1)静穏で、自分が発言しても迷惑にならない授業環境の確保をお願いします。
多くの場合、自宅での授業参加となると思われます。授業に集中するには、静穏な環境は欠かせません。ご家族にも、配慮をお願いしましょう。
また、授業よっては、発言をする場面もあります。発言しても周囲に迷惑が掛からない場所を選びましょう。
 (2)適切な態度で授業に望むようにお願いします。
遠隔授業であっても、学生として相応しい服装・身だしなみを心がけましょう。また、受講中は、必要な授業備品や資料等を手元に置き、机に向かって受講するようにしましょう。

寝転がる、飲食をする、歩く等の“ながら”受講はやめましょう。


 2.禁止行為・留意事項について
遠隔授業では、①著作権、②個人情報、③プライバシー、④肖像権、⑤セキュリティに気をつけましょう。 場合により違法行為となります。想定される内容は以下のとおりです。
(1)遠隔授業ソフトウェアに接続する際は、カメラやマイクは基本OFFにして接続し、使用にあたっては教員の指示に従い、周囲の環境に注意するようにしましょう。
(2)遠隔授業を受けるにあたって、与えられたアクセス先、ID・パスワードを他人に教えたり、共有したりしないようにしましょう。
(3)遠隔授業の内容、配布された音声ファイル、動画・画像ファイル、教材、資料等は自らの学修の目的以外では使用しないようにしましょう。WebやSNS等で公開することはやめましょう。
(4)授業担当者や他の受講者の動画・画像や音声を許可なく取得したり、それをWebやSNS等で公開することはやめましょう
(5)他の受講者の氏名、年齢、学籍番号等の個人情報をSNSや掲示板等インターネット上にアップロードしたり外部に漏洩させたりしてはいけません。
(6)授業担当者や他の受講者について、WebやSNS等で誹謗中傷したり誤った情報を発信してはいけません。 (7)授業を妨害する行為(画像、動画、音声を流すこと等)や円滑な実施を妨害する行為はしてはいけません。(8)双方向型の遠隔授業では、自分からの発信が他の受講者にも見られていることを認識し、自身の個人情報の管理には十分留意しましょう。

以上
 
 ★5月8日
【重要なお知らせ】保護者の皆様へ:学長メッセージ 

2020年5月8日
東京成徳大学長 新井 邦二郎
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

 東京成徳大学・東京成徳短期大学が、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、授業開始の延期、学生の登校の原則禁止など、学生の皆さんに多大なご不便をおかけし、また保護者の皆様にはご心配をおかけしています。すでにホームページにてご案内していますように、5月11日(月)から授業を開始し、また授業はすべて遠隔授業にて実施いたします。これに合わせて、遠隔授業を受講するのに必要な端末機器等の準備をお願いしているところです。

 新型コロナウイルスの感染拡大が、国民の社会経済活動に影響し、学生ならびに保護者の経済力の低下を生じさせています。学生や保護者の皆様には、日本学生支援機構のほか国や地方自治体、通信会社等が行うさまざまな新しい支援策を積極的に活用していただきたく思います。それと並行して、本学においても学生の修学支援として、(1)全員一律10万円の給付、(2)学費の納付が困難な場合は、分納・延納期限の最長1年間延長、(3)本学独自の学費減免制度の拡大等を実施いたします。またどうしても遠隔授業の受講準備のできない学生の皆さんには、調査の上、数量に限りはありますが、本学の用意した機器等の貸出しを行います。さらに図書館は、学生が登校できない期間、無料の郵送貸出しを行います。学生相談室及び就職相談についても遠隔相談を実施します。

 遠隔授業ですが、すでに開始している他の大学の例ですと、遠隔授業に対する受講準備の不十分な学生がいたり、教員の遠隔授業そのものが途中でストップしたりして、少なからずのトラブルが発生しています。全国の大学と同様に、本学の学生の皆さんも教員も、遠隔授業は初めての経験であります。5月11日からスタートする遠隔授業について、最初の2,3週間はトラブルが発生しても、学生、保護者の皆様に冷静に行動をしていただくことをお願いいたします。教員と学生とがコミュニケーションをよく取り、ひとつずつ改善をして行き、授業を軌道に乗せたいと考えております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 学生の皆さん、特に1年生の皆さんは、授業開始を待ち望まれていると思います。新型コロナウイルス感染拡大防止のために、キャンパスでの本格的な学生生活の開始までには、まだ時間がかかりそうです。学生・保護者の皆様には、依然としてご不便やご負担をおかけすることになりますが、この難局を共に乗り越え、通常の学生生活が一日も早く戻ってくることを心より願い、皆様の重ねてのご理解とご協力をお願いいたします。

以上

 

 

★5月7日

【図書館より】郵送貸出開始のお知らせ(無料)

本学在学生を対象に、郵送貸出を開始いたします。実施内容については次の通りです。今後の状況により、郵送貸出の内容を変更する場合がございます。その場合は、改めて当ホームページ等でご連絡いたします。
【対 象】短期大学・大学・大学院の在学生
【実施期間】2020年 5月28日(木)まで
【貸出冊数】 一人5冊まで(現在貸出中の冊数含む)
【返却期限】2020年6月15日(月)
【送 料】無料
【返 却】原則として開館再開後に所属キャンパスの図書館へ、来館返却とします。ただし、5冊を超えて新たに貸出を希望する場合は、図書館へ連絡をしてください。手続き方法をお知らせいたします。
【申込方法】大学発行のE-mailアドレス(学籍番号@st.tsu.ac.jp もしくは 学籍番号@st.tsc.ac.jp)から、件名を「郵送貸出申込」として以下の事項を記載して、図書館までメールを送信してください。発送の際に、図書館より発送完了メールをお送りします。

送信先:library★tsc.ac.jp(★を@に置き換えてください)
メール件名:郵送貸出申込
記載事項:①所属学科・学籍番号②氏名③送付先郵便番号・住所(大学に登録している住所)④電話番号⑤書名⑥出版社⑦資料ID(「資料ID」とはOPAC検索結果に記載された9桁もしくは7桁の数字)
※複数冊貸出希望の場合は⑤~⑦を冊数分入力してください。

 

★4月23日
 
【重要なお知らせ】2020年度授業を5月11日(月)から開始します(4/24追記) (1)5月11日(月)から、遠隔授業で授業を開始します。学生の皆さんは、自宅で授業を受けることになります。
(2)遠隔授業は、①オンデマンド型、②オンライン等による教材・資料配付型、③リアルタイム・双方向型、ならびにこれらの型の混合の授業を予定しています。
(3)学生の皆さんは、遠隔授業を受信できる機器(PCやスマートフォンなど)とネット環境を準備してください
以下の用意をお願いします。
① 少なくともスマートフォンを用意してください。
② ブラウザを使って大学のホームページを閲覧できるようにしてください。
③ 本学が指定した学生用メール(office365)の送受信ができるようにしてください。
④ 本学のホームページ上のご自分のキャンパスの「学生用WEBサービス」にログインできるようにしてください。
   なお、新入生の「ID・パスワード」については、後日送付する資料でご案内しますので、今しばらくお待ちください。
⑤ 本学のホームページから指示があれば動画や画像を視聴することができるようにしてください。
(4)授業開始前に、授業の「試運転」を行います。受信できない場合は、担任の教員に必ず連絡をください


★4月20日

【図書館より】データベースの学外アクセスについて

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた臨時対応として、以下のデータベースが期間限定で学外からでもご利用できるようになりました。

◇医中誌web(医学中央雑誌)
 同時アクセス数:50  利用期間:8月31日まで
<データベース概要>
国内医学論文情報のインターネット検索サービスです。国内発行の、医学・歯学・薬学・看護学及び関連分野の定期刊行物、のべ約7,500誌から収録した約1,400万件の論文情報を検索することができます。
詳細はこちら https://www.jamas.or.jp/service/ichu/

◇Magazine Plus
 同時アクセス数:1  利用期間:8月31日まで 
<データベース概要>
一般誌から専門誌、大学紀要、海外誌紙まで収録した日本最大規模データベースです。国立国会図書館(NDL)の「雑誌記事索引」ファイルを完全収録。さらに「雑誌記事索引」ではカバーしきれない年報類・論文集など14,000点・61万論文を追加。約30,000誌、1,094万件(記事数;2009年12月現在)を収録しています。
詳細はこちら http://www.nichigai.co.jp/database/mag-plus.html

◇ジャパンナレッジLib
 同時アクセス数:50  利用期間:7月末まで
<データベース概要>
国内の百科事典・辞事典を中心に構築された、日本最大の知識データベースです。
詳細はこちら https://japanknowledge.com/library/aboutlib.html

◇聞蔵Ⅱビジュアル版
 同時アクセス数:1  利用期間:2021/3/31まで
<データベース概要>
過去の出来事を手軽に調べることができるデータベースです。1945年から今日までの朝日新聞、創刊号から最新号までのAERA(アエラ)、2000年4月号から最新号までの「週刊朝日」、最新版の「知恵蔵」の全文記事を検索できます。
詳細はこちら http://www.asahi.com/information/db/2forl.html

ご利用にはID・パスワードが必要です。大学発行の E-mail アドレス(○○@st.tsu.ac.jpまたは〇〇@tsc.ac.jp)から、件名を「学外用ID発行の件」として、以下4つの事項を記載して、図書館までメールを送信してください。折り返しご連絡いたします。なお、土日祝は数日を要する場合もございます。
 送信先 : library★tsc.ac.jp(★を@に置き換えてください)
 メールの件名 : 学外用ID発行の件
 記載事項 : ⓵利用を希望するデータベース名 ②所属学科・学籍番号または教職員番号 ③氏名 ④大学発行の E-mail アドレス

 

★4月6日(授業開始・オリエンテーション等日程変更)
 

⑭【重要なお知らせ】2020年度の授業開始日等の延期について
東京都の新型コロナウイルス感染者の拡大に鑑み、2020年度授業開始日を4月20日(月)に繰り下げることをご案内しておりました。その後、都立高校の授業再開を5月の連休明けとする東京都の方針が出され、また実際にも感染拡大の勢いが衰えず、むしろ感染者の増加傾向が続いているため、授業開始日を延期いたします。二度も延期して申し訳ありません。コロナウイルスの感染が1日も早く収束することを祈るばかりです。また、これに伴い、オリエンテーションの諸行事も延期し、健康診断の日程についても改めて設定いたします。
なお設定後日程の詳細については、このホームページでお知らせしますので、ご確認をお願いします。
〇新入生の皆様へ​
1.東京成徳大学、東京成徳大学大学院、東京成徳短期大学の授業開始日を、
4月20日 (月)から5月11日(月)に延期します。
2.新入生オリエンテーションの諸行事は、5月7日(木)、8日(金)、9日(土)
に実施します。大学の学部学科、大学院、短期大学の実施日等の詳細については、後日、お知らせします。
3.健康診断の実施日等詳細については、後日、お知らせします。
4.国際学部新入生の留学手続きに必要な事項及び日程については、下記のとおりです。
 
・4月17日(金)実施予定のオリエンテーションは中止とします。
  
留学手続きに必要な書類の回収については、別途ご連絡いたします。
 
・4月25日(土)実施予定の保護者説明会は5月16日(土)に延期といたします。
〇在学生の皆様へ
1. 東京成徳大学、東京成徳大学大学院、東京成徳短期大学の授業開始日を、4月20日(月)から5月11日(月)に延期します。
2.各年次のオリエンテーションの諸行事は、5月7日(木)、8日(金)、9日(土)に実施します。実施日等の詳細については、後日、お知らせします。
3.健康診断(すでに実施した学科の「未受診者」を含む)の実施日等詳細については、後日、お知らせします。

【問い合わせ先】
十条台キャンパス 教務課 TEL:03-3908-4563
八千代キャンパス 教務担当 TEL:047-488-7113


★3月30日(授業開始・オリエンテーション等日程変更)

⑬【重要なお知らせ】2020年度の授業開始、オリエンテーション及び健康診断の日程変更について

東京都の急激な新型コロナウイルス感染拡大のため、授業開始日、オリエンテーション及び健康診断の日程を変更しました。遅くなりましたことをお詫びします。なお変更後日程の詳細については、このホームページでお知らせしますので、ご確認をお願いします。

〇2020年度入学予定の新入生、保護者の皆様へ
1.東京成徳大学、東京成徳大学大学院、東京成徳短期大学の授業開始日を、4月7日(火)から4月20日(月)に延期します。
2.新入生オリエンテーションの諸行事は、延期すると留学手続きに支障の出る国際学部を除き、他のすべての大学の学部学科、大学院、短期大学においては授業開始までに実施できるよう延期します。国際学部は予定通り4月2日(木)12:00から実施し、他の大学の学部学科、大学院、短期大学の実施日等の詳細については、後日、お知らせします。
3.健康診断は、留学手続きに支障をきたすおそれがあるため、国際学部新入生のみ4月4日(土)に実施します。詳細は3月31日(火)までにお知らせします。他の新入生は延期とし、実施日等詳細については、後日、お知らせします。
〇在学生の皆様へ
1.東京成徳大学、東京成徳大学大学院、東京成徳短期大学の授業開始日を、4月7日(火)から4月20日(月)に延期します。
2.各年次のオリエンテーションの諸行事は、授業開始までに実施できるよう延期します。実施日等の詳細については、後日、お知らせします。
3.(十条台キャンパス)健康診断は、実習に支障をきたすおそれがあるため、子ども学部新2,3,4年生、短期大学新2年生、大学院修士課程新2年生のみ4月4日(土)に実施します。感染防止の観点から現在受付時間変更等の調整をしています。新しいスケジュールは3月31日(火)までにお知らせします。他の学生は延期とし、実施日等詳細については、後日、お知らせします。
4.(八千代キャンパス)健康診断は、予定通り4月2日(木)に実施します。
 
【問い合わせ先】
十条台キャンパス 教務課 TEL:03-3908-4563
八千代キャンパス 教務担当 TEL:047-488-7113

★3月27日(学生への注意喚起Ⅱ)

⑫【学生各位】重要:学生生活、通学時における新型コロナウィルス感染拡大防止に関するお願い


本学では全学生に対して、感染拡大防止のため、マスク着用の徹底と体温測定を要請します。

1.日常の体調管理(体温測定を含む)に行い、4日間の発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状がある場合及び感染者と濃厚接触した場合は、絶対に登校しないで、最寄りの保健所に連絡を取ってください。この場合、授業を欠席しても「公欠」と同じ配慮を行います。
2.発熱や体調不良などが見られる場合は、登校を控えて、自宅で様子を見てください。また大学に来てから発熱や体調不良が生じた場合は、保健室に行き、看護師のアドバイスに従ってください。
3.学校内でのマスク着用、咳エチケット、うがい、石鹸等による手洗い、アルコール消毒に心がけてください。
4.通学時での感染にも十分に注意して、マスク着用の徹底と不必要な場所に触れないよう心がけてください。
5.学校内では昼食時の感染リスクが最も高いことから、飛沫感染に十分に注意した食事の仕方をしてください。
6.授業終了後、速やかに退校し、帰宅してください。不要不急の外出を避け、特に飲食や会合などは感染に十分に注意してください。
7.当分の間、部活動、サークル活動の中止を継続し、再開については部、サークルごとの安全策を検討の上、判断します。
8.外国から渡日・帰国した場合は、大学(キャンパスライフ・学生支援課)への連絡と2週間の自宅待機と体調管理(体温測定を含む)を求めています。該当する学生は必ず大学に連絡をください。自宅待機中の授業欠席については、公欠に準じた配慮を行います。
9.医療的ケアが日常的に必要な学生及び基礎疾患等のある学生については、主治医等と相談し登校については個別に判断します。授業の欠席は、「公欠」と同じ配慮を行います。

★3月25日(国際学部・新入生オリエンテーションの日程変更)

⑪国際学部・2020年度入学予定の新入生、保護者の皆様

 
国際学部の新入生オリエンテーションにつきましては、一部日程を変更させて頂きます。同期間中の4月3日(金)に予定しておりました入学式の中止につきましては、既にご案内させて頂いておりますが、同日の午後に予定しておりました「保護者・学生向け留学オリエンテーション」につきましては、新型コロナウイルス感染症対策の一環として4月25日(土)13時に変更させて頂くことに致しました。変更後のオリエンテーションの詳細につきましては、今後、郵送にて改めてご連絡させて頂きますので、ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
国際学部
学部長 芳賀克彦

★3月11日(入学式中止)

⑩入学式中止のお知らせ


2020年4月入学の学生、ご家族の皆様

 東京成徳大学および東京成徳短期大学は、新型コロナウイルスの影響により、参加者の皆様の安全を考慮し、4月3日(金)に予定されていた入学式を中止いたします。
 入学式を心待ちにしていたお気持ちを拝察すると大変残念な思いではありますが、皆様の健康と感染拡大防止を最優先に考慮した判断であることを何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
 新入生オリエンテーションなどの式典以外の行事についてはご案内のように実施予定ですが、今後の情勢によっては延期または分散開催等を検討いたしますので、本サイトを今後もご確認ください。

★3月11日(学生への注意喚起Ⅰ)

⑨【学生各位】重要:新型コロナウィルス感染症に関するお願い


現在、日本国内では新型コロナウィルス感染の拡大が続いています。
本学では感染拡大防止のため、東京成徳大学・東京成徳短期大学の全学生に対し、以下のことを要請します。

(注意)今後、国の対応により大学の対応も変更が生じます。常に大学ホームページで最新情報を確認するようお願いします。
1.感染予防について
(1)感染拡大を防ぐため、各自で予防を徹底してください。
・手洗い、マスク着用、咳エチケット、うがいなど基本的な感染症対策を行う。
・不要不急の外出は控え、不特定の参加者が集まるイベント・会合等(飲食含む)への参加も控える。友人等との会合(飲食 含む)については慎重に検討すること。
・国内外問わず旅行を中止、または延期する。
・風邪症状がある場合は外出を控え、検温など体調管理に努める。
「厚生労働省 国民の皆さまへ 予防・相談」

★3月5日(卒業証書等の授与について)
 
⑧東京成徳大学・東京成徳大学大学院
 

卒業式中止にともなう卒業証書・学位記授与方法に関するお知らせ

〇2020年3月卒業生・修了生、ご家族の皆様へ
 卒業式の会場でお渡しすることになっておりました学位記等は、日本郵便の「レターパックプラス」を利用し、以下の要領で送付します。
【発送予定日】
2020年3月14日(土)※発送から到着まで数日を要し、郵便局員と対面でお受け取り頂く必要があります。
【送付先】
住 所:現在本学に登録されている保証人様のご住所
※ 送付先の変更がございましたら、3月9日(月)12時までに所属するキャンパスへご連絡ください。
宛 名:保証人様及び卒業生本人(連名)
※ 外国人留学生分は、ご本人のご住所に送付します。
※ 日本国内のみの発送とします。
※ 海外に在住する等のやむを得ない理由で、本学での受け取りを希望する場合は、3月11日(水)12時(正午)までに所属するキャンパスへご連絡ください。なお、受け取りは、当該キャンパスの窓口にて3月14日以降、ご本人宛てにお渡しいたします。その際に、学生証をご持参ください。
《連絡先》
十条台キャンパス 教務課 TEL:03-3908-4563
八千代キャンパス 教務担当 TEL:047-488-7113
【送付物】
卒業証書・学位記、教員免許状、卒業記念品 等
  
〇学生証について 
 卒業式にて回収予定であった「学生証」は回収しないこととなりました。
学生証の表面に学生証の有効期限が記載されていますので、有効期限日(2020年3月31日)以降は使用せず、断裁してご自身で破棄していただきますようお願いします。 

⑦東京成徳短期大学 卒業式中止にともなう卒業証書・学位記授与方法に関するお知らせ

〇2020年3月卒業生、ご家族の皆様へ
 卒業式の会場でお渡しすることになっておりました学位記等は、日本郵便の特定記録郵便を利用し、以下の要領で送付します。
【発送日予定日】
2020年3月12日(木)※発送から到着まで数日を要し、郵便局員と対面でお受け取り頂く必要があります。
【送付先】
住 所:現在本学に登録されている保証人様のご住所 
※ 送付先の変更がございましたら、3月7日(土)12時までに教務課宛にご連絡ください。
宛 名:保証人様及び卒業生本人(連名)
※ 日本国内のみの発送とします。
※ 海外に在住する等のやむを得ない理由で、本学での受け取りを希望する場合は、3月11日(水)12時(正午)までにご連絡ください。なお、受け取りは、窓口にて3月12日以降、ご本人宛てにお渡しいたします。その際に、学生証をご持参ください。

《連絡先》
十条台キャンパス 教務課 TEL:03-3908-4563
【送付物】
卒業証書・学位記、教員免許状、卒業記念品 等
  
〇学生証について 
 卒業式にて回収予定であった「学生証」は回収しないこととなりました。
学生証の表面に学生証の有効期限が記載されていますので、有効期限日(2020年3月31日)以降は使用せず、断裁してご自身で破棄していただきますようお願いします。

★3月3日(一般入試D日程受験生に対する注意)

⑥【重要:新型コロナウイルス関連のお知らせ】3月17日(火)一般入試D日程を受験予定の方へ


東京成徳大学では、入学試験当日学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症(指定感染症含む)に罹患し治癒していない場合は、他の受験生や監督者等への感染のおそれがありますので、受験はできません。
また、発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状がある受験生については、受験を控えるようお願いいたします。
本学では、試験直前までの入念な清掃、試験時間中のこまめな換気、アルコール消毒液の設置など、清潔な環境を維持するための対策を取っております。
受験に際しては、風邪やインフルエンザの流行する時期でもあることから、感染症の対策(マスクの着用、咳エチケット、手洗いの徹底等)に努めてください。
試験時間中は感染予防の観点から、マスクの持参・着用をお願いします。
ただし、写真照合の際など一時的にマスクを外していただく場合がありますので、その際は監督者の指示に従ってください。
発熱や咳などの症状がある場合には、予め医療機関を受診し、その指示に従ってください。
なお、一般入試D日程を欠席した志願者への追試験を含む特別措置等の実施はありません。

入試広報課
0120-711-267

★2月28日(卒業式中止)

⑤2019年度卒業証書・学位記授与式の中止のお知らせ


2020年3月卒業・修了予定の学生、ご家族の皆様

 東京成徳大学および東京成徳短期大学は、新型コロナウイルスの影響により、参加者の皆様の安全を考慮し、3月12日(木)に予定されていた東京成徳短期大学卒業証書・学位記授与式、3月18日(水)に予定されていた東京成徳大学・大学院卒業証書・学位記授与式を中止いたします。
 式典を心待ちにしていた皆様のお気持ちを拝察すると大変残念な思いではありますが、皆様の健康と感染拡大防止を最優先に考慮した判断であることを何卒ご理解いただきますようお願いいたします。
 卒業生・修了生に対する学位記の授与方法については3月5日(木)以降、ホームページ上で改めて周知いたしますので、本サイトを今後もご確認ください。

★2月27日(入学式の予定について)

④入学式(大学・大学院・短期大学 4月3日予定)について

 入学式は、現時点では予定通り実施します。なお今後の推移の変化によっては、中止を検討いたします。HP上にてご連絡いたしますので、引き続きご確認のほどお願いします。

事務局総務課
お問い合わせ先:03-3908-4530

★2月26日(オープンキャンパス中止)

③3月20日(金・祝)「春のオープンキャンパス」中止のお知らせ


新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、2020年3月20日(金・祝)に開催予定であったオープンキャンパスについて、中止することを決定いたしました。
来場を予定されていた皆様には、大変申し訳ございませんが、来場者の皆様の安全を考慮したうえでの決定ですので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

学校見学は従来どおり、随時受け付けております。
学校見学をご希望の方は、お電話または学校見学申し込みページにて、2日前までにお申し込みください。

なお、2月・3月は入学試験等によりキャンパス内に立ち入ることができない日がございます。
必ず事前に学校見学カレンダーにて、見学可能日をご確認くださいますよう、お願いいたします。

※3月20日(金・祝)はキャンパスに立ち入ることができません。

【学校見学受付】
お電話でのお申し込み:0120-711-267
インターネットでのお申し込み:≪学校見学申し込みページ≫
必ず事前にご確認ください:≪学校見学カレンダー≫

入試広報課

★2月25日(受験生に対する注意)

②【新型コロナウイルス関連のお知らせ】2月27日(木)の入学試験を受験予定の方へ


新型コロナウイルス感染症に関して「指定感染症」として定める等の政令が、令和2年2月1日から施行されました。
東京成徳大学及び東京成徳短期大学では、入学試験当日学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症(指定感染症含む)に罹患し治癒していない場合は、他の受験生や監督者等への感染のおそれがありますので、受験はできません。また、発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状がある受験生については、受験を控えるようお願いいたします。
今回、新型コロナウイルスへの感染が試験前日までに認められた場合、及び上記のような症状のある場合は、以下のとおりに特別に対応させていただきます。
①一般入試C日程(大学)・・・一般入試D日程への振替受験とさせていただきます。
②一般入試C日程(短大)、外国人留学生入試2期、社会人入試・・・受験機会を損なうことのないよう個別に対応させていただきます。
①、②いずれの場合も試験開始前までに必ず、入試広報課までご連絡くださいますよう、お願いいたします。上記以外の特別措置は行いません。
本学では、試験直前までの入念な清掃、試験時間中のこまめな換気、アルコール消毒液の設置など、清潔な環境を維持するための対策を取っております。
受験に際しては、風邪やインフルエンザの流行する時期でもあることから、感染症の対策(マスクの着用、咳エチケット、手洗いの徹底等)に努めてください。試験時間中は感染予防の観点から、マスクの持参・着用をお願いします。
ただし、写真照合の際など一時的にマスクを外していただく場合がありますので、その際は監督者の指示に従ってください。また、発熱や咳などの症状がある場合には、予め医療機関を受診し、その指示に従ってください。

入試広報課
0120-711-267

★2月5日(新型コロナウィルスに関する情報発信) 

①新型コロナウィルス感染症が指定感染症に指定されました


中華人民共和国湖北省武漢市で発生した新型コロナウィルスに関連した感染症に関しては、1月28日に新型コロナウィルス感染症を指定感染症として定める政令が決定し、2月1日に施行されました。
新型コロナウィルス感染症は、学校保健安全法に定める第一種感染症とみなされます。
当該感染症と診断された場合、直ちに保健室へ連絡してください。

今後も以下関連情報ホームページで最新情報を確認し、感染予防に努めてください。
新型コロナウィルス感染症の対応について(内閣官房ホームページ)

中華人民共和国湖北省武漢市で発生した新型コロナウィルスに関連した感染症に関するQ&A

ページトップへ