メニュー

学びの特長

学びのポイント

講義の様子

少人数だからできるきめ細かい指導で
基本的な理論だけでなく実際の援助方法を学びます

臨床心理学の知識だけでなく、体験を重視した学びが特徴です。経験豊富な教員陣による少人数制ならではのカウンセリングのロールプレイ、グループワーク、学外の中学校での学習支援、小中学生が参加するサマーキャンプの補助、学内での新入生支援やピアサポートなど豊富なプログラムを用意しています。

学びの領域

  1. 臨床心理学を活かす

    臨床心理学は、日常のさまざまな場面で活かすことができます。病院や学校といった心理学的援助の場だけではなく、企業などで働く場面や、子育て、地域社会など、専門家としてだけではない、社会のあらゆる場面で活かせる臨床心理学を学びます。
  2. 体験を重視した科目

    心理学的援助を学ぶには、知識はもちろん、実際に援助の体験をすることが大切です。「臨床心理学実習」では、学内での新入生支援や、学外の中学校などでの学習支援など、さまざまな援助実践を体験します。「心理的アセスメント」では援助現場で実際に使用されている心理検査を体験し、自己理解にも役立てます。
  3. さまざまな進路へ向けてのサポート

    臨床心理士・公認心理師の資格取得をサポートします。心理職の資格取得のためには大学院修了が重要な選択肢です。大学院進学に向け、内部推薦制度があり、ゼミやカリキュラムでも手厚くサポートします。特に併設の大学院への内部推薦制度は本学の強みです。多くの臨床心理士を輩出してきた大学院への進学のチャンスを広げます。

ページトップへ