メニュー

教員紹介(こんな教授陣が待っています)

国際言語文化学科を構成する多彩な教員をご紹介します。

教育研究業績(人文学部・応用心理学部)についてはこちらへ

直井 文子(なおい ふみこ)

国際言語文化学科長 教授

直井 文子(なおい ふみこ)
出身大学等 早稲田大学
お茶の水女子大学大学院
博士(人文科学) (お茶の水女子大学)
出身地 東京都
担当科目 言語文化演習、日中比較文化論、中国社会文化論、近現代日中関係論、国際文化人論、比較文学論
専門領域 日本漢文学、日中比較文学、中国語
研究内容 江戸時代の日本漢詩文と中国の古典漢詩文との比較文学的研究
主な著書・論文 <学位論文>江戸後期日本漢文学研究―齋藤拙堂・賴山陽・賴春水・賴杏坪を中心に―(お茶の水女子大学、2016年9月)
『菅茶山 頼山陽詩集』(共著 岩波書店 1996)
「江戸後期の漢詩文に表わされた「茶」について-賴山陽、賴春水、齋藤拙堂の場合-」(『斯文』第134号 2019) 
「賴杏坪の『十旬花月帖』について」(『東京成徳大学研究紀要-人文学部・応用心理学部-』第19号 2012)
「前田斉広夫人真龍院の漢詩」(『東京成徳大学研究紀要-人文学部・応用心理学部-』第18号 2011)
「賴杏坪の詩」(『東京成徳大学研究紀要-人文学部・応用心理学部-』第17号 2010)
「賴山陽の真『狂』」(『鵬よ鵬よ-中国文学における<狂>-』所収 2009)
「賴春水の詩」(『東京成徳大学人文学部・応用心理学部研究紀要』第16号 2009)
「頼山陽の女性観と十二媛絶句」(『日本中国学会報』51集掲載 1999)
外部団体 日本中国学会会員、和漢比較文学会会員、東方学会会員
趣味 茶道(表千家)、芸術鑑賞
学生へのメッセージ  さまざまな観点からの、双方向のお話や議論ができれば嬉しいです。
今仲 昌宏(いまなか まさひろ)

教授
八千代市図書館協議会委員

今仲 昌宏(いまなか まさひろ)
出身大学等 立教大学
明治学院大学大学院
文学修士
出身地 千葉県
担当科目 言語文化演習、World Englishes、English on Screen、Bestseller Reading、Intensive Reading,、基礎ゼミ、卒業研究、英語Ⅰ
専門領域 音韻論、英語音声学、英語学、言語学、発音矯正
研究内容 日英語の調音比較、音響音声学、英語発音矯正、認知意味論
主な著書・論文 『シルフェ<本の虫>が語る楽しい英語の世界』共著
『オーストラリア・ニュージーランド英語文化大辞典』共著 
基礎知識辞典
『20世紀クロノペディア-新英単語で読む100年』共訳
『国際音声記号(IPA)ワークブック』
『英語発音クリニック』
外部団体 日本英語音声学会理事
趣味 クラシック音楽の鑑賞と評論。散歩。読書。
学生へのメッセージ  本学で自立した学習者になること、さらに生涯続く友人ができるよう願っています。さらに、様々な言葉や文化的背景をもつ人たちを共感をもって理解できる人になってほしいと思います。
李 正勲(り じょんふん)

助教

出身大学等 韓国・東国大学校
早稲田大学大学院
博士(国際関係学、早稲田大学)
出身地 韓国ソウル
担当科目 韓国政治経済論、近現代日韓関係論、日韓交流史、韓国語コミュニケーション、ビジネス韓国語、観光韓国語、言語文化演習
専門領域 国際関係学、東アジア国際政治、韓国学
研究内容 朝鮮半島をめぐる国際政治、韓国政治経済、近現代日韓関係、韓国語教育
主な著書・論文

[単著]
『韓国政治経済論概説』(三恵社、2019年)

[共著]
『韓国鉄道の歴史と発展3』(第3章執筆、ブックギャラリー、韓国語、2015年)
『中国の対韓半島政策』(第4章執筆、御茶の水書房、2013年)

[論文]
“The Possibility of Building a Peaceful Regime on the Korean Peninsula Via Multilateral Approaches,” East Asia, Volume 35, Issue 3, September 2018.
“Review of the Nuclear Crisis on the Korean Peninsula: The Reality in the Context of International Relations”, Journal of Global Peace and Conflict, Volume 4, Issue 2, 2016.
「戦後日本のエネルギー政策の形成過程とその特徴」(韓国・仁川大学校日本文化研究所『東アジア日本語・日本文化研究』第16集、2013年)
「朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)後の非核化問題」(学習院大学東洋文化研究所『東洋文化研究』第13号、2011年)

[発表]
「朝鮮総督府時代における鉱物資源政策の実状―未公開録音記録資料からの考察」(東北学院大学アジア流域文化研究所主催公開講演会、2014年)
「オーラルヒストリの観点から考察する植民地朝鮮における資源政策―未公開朝鮮総督府関係者録音記録を中心に」(韓国・仁川大学校日本文化研究所学術セミナ、2013年)
「三つのキーワードから考察する現代日本政治」(韓国・仁川国際交流センター主催市民講座、2012年)

外部団体 現代韓国朝鮮学会会員、北東アジア学会会員ほか
学生へのメッセージ  グローバル時代に求められるコミュニケーション能力と幅広い知識を身につけていきましょう。

ページトップへ