メニュー

お知らせ

2017/01/03

2016年度新入生海外研修(台湾)感想(1)

  2016年9月5日(月)~8日(木)に実施した海外研修の感想文を、1年生が寄せてくれました。その中から幾つかを紹介します。まずはR.T.さんです。(直井文子)

**********************************************

 私は今回初めて海外に行きました。周りの友人は何回か行った子が多く、中には台湾にも以前行ったことがある子もいました。全部が初めての私は、海外に慣れているみんなについていこうと思いました。

 台湾にいざ着いてみるとあまり日本と変わらないのでは?と思いました。ですが、だんだんと当たり前ですが日本語を話している人がいなくて、これからの3泊4日ちゃんとやっていけるか不安になりました。

 台湾に着き、まず夕食会。台湾の料理はとてもおいしかったです。一番楽しみにしていた小籠包は出てこなくて少し残念でしたが…。食べ終わりバスでホテルへ向かい、そこからは仲がいい子とみんなで一つの部屋に集まって、お話をしたりしました。

 

 

 そして2日目は開南大学の学生さん達と交流会。この日までずっと練習をしていた発表はとても緊張しましたが、みんな今まで以上によくできていたと思います。発表の班長になったり、一番初めの東京成徳大学の紹介だったりとても良い経験ができました。この日学んだことをこれから活かせたらいいなと思いました。

 3日目は自由行動。その前に博物館に行きました。終わってからはホテルの近くのハンバーガー屋さんで昼食。とてもボリュームがあり美味しかったです。それから一回ホテルに戻り、みんなで集まり夕食会。ここでずっと楽しみにしていた小籠包!!!本場のものだけあってとてもおいしかったです。食べ終わってから台北101に行き、お土産を買いました。台北101の周りはどこもきれいで驚きました。そしてホテルで前々から計画していた2人の誕生日会をしました。喜んでくれて本当に良かったです。

 

 

 ついに最終日。民芸品店でまたお土産や化粧品を買いました。そこから空港に向かい日本へ帰りました。

海外研修に行く前も行ってからも何回かホームシックになったり、慣れないところで帰りたいとも思ったりしていましたが、みんなのおかげで楽しむことができました。みんなと仲も深まり良い海外研修でした。



 

ページトップへ