メニュー

お知らせ

2019/10/07

中国の大学で日本の外国語教育について講演してきました

2019年9月10日~9月16日、日本華人教授会議(学会)主催の中国福建省学術フォーラム訪問団のメンバーとして交流に参加してきましたので報告します。


(写真1)

9月12日は、中国華僑大学外国語学部(福建省泉州市)で講演をしましたが、写真1は事前の講演についてのポスターです。演題は「日本の大学における外国語教育について」、で、私の所属とプロフィールが紹介されました。

 


(写真2)

写真2は、講演会の後、華僑大学外国語学部ウェブページに載せられた関連記事です。



 写真3、4、5、6、7は講演の風景と、出席された教員の先生方との記念撮影です。
記事のタイトルは「日本東京成徳大学周建中教授が本学部にご来訪、講演を行われた」 (予定は70分間)です。
以下は記事内容の抜粋訳と説明です。
・2019年9月12日午後、華僑大学国際交流合作部と外国語学部が共同で主催する「日本の大学における外国語教育の現状と動向」と題する講演会が外国語棟207教室にて予定通り順調に開催された。
・司会者は黄文溥(教授、博士)副学部長で、外国語学院(学部)の教員、大学院生と学部生が出席した(日本語学科の教員、大学院生と学部生がメイン参加者だったそうです)。(演題はのち「日本における外国語教育の歴史、現状と今後動向について」に変更されました)
・最後に質問回答が行われ、周教授は出席者の関心を持つ外国語専攻の学生が日本に行って中国語教育の仕事に携わる関連の質問に、詳しい回答とアドバイスをなされ、講演は終始和やかな雰囲気の中で行われ、熱烈な拍手の中で終了した。

(周建中) 


(写真3)

 

(写真4)


 
(写真5)


 
(写真6)


 
(写真7)

 

ページトップへ