メニュー

お知らせ

2022/05/27

今週の「屋内ボールゲーム」(第6週目)

5回目となる先週は、交通機関のトラブルで学生がほとんど来れませんでした(T-T)
6回目となる今週は、「庶民シュートを決める!」というゴールを設定しました.
“庶民シュート”とは,井上雄彦さんの作品「SLUM DUNK(スラムダンク)」の中で主人公の「桜木花道」が“レイ・アップ・ショット”を称したものです。
“ダンク・ショット”は、バスケットボール・プレイヤーの憧れのショットですが、誰にでもできるプレイではありません。
対して“レイ・アップ・ショット”は誰でもできる庶民のショット・・・という意味で物語の中で重要なキーワードとなります。

しかし、このレイ・アップ・ショット、試合中に決まればとてもかっこいいショットなのです。
特に、スピードに乗ってリングから離れたところから踏み切り、美しい空中姿勢でリングにボール“置いてくる(レイ・アップ)”ことができれば・・・桜木花道を目指します(個人的には流川の流れるようなショットが好きですが・・・)。
技術的に難しいのは、下半身の力強い動きを要求される一方で、上半身のボールコントロールでは繊細なタッチが必要になることです。

動きを分解し、理論的に技術を理解して反復練習を行います。
ここにバスケットボールがハビット(反復)スポーツと呼ばれる所以があります。



ページトップへ