メニュー

ファイナンシャル・プラン(学納金・修学支援制度)

学納金・諸会費・実習費

学納金及び 諸会費等について

※表を左右にスワイプしてご覧ください

2020年4月現在※詳細は学生募集要項、大学院要覧等をご確認ください。 (単位:円) 

   修士課程 博士後期課程 
初年度 2年次  初年度 2年次   3年次 
入学
手続時
後期 前期 後期 入学
手続時
後期   前期 後期   前期 後期 
入学金 300,000 300,000   -  -  -   - - 
授業料 350,000 350,000 350,000 350,000  350,000 350,000   350,000  350,000  350,000  350,000
施設
設備費
220,000 220,000  220,000  -  220,000  -  220,000  -
翠樟会
入会金
20,000  20,000  -  -  -  -  -
翠樟会
年会費
10,000 10,000  10,000  -  10,000  -  10,000  -
同窓会
終身会費
10,000  10,000  -  -  -  -  -
合計
(半期)
910,000 350,000 580,000 350,000  910,000  350,000  580,000 350,000  580,000  350,000
合計
(年額)
1,260,000 930,000  1,260,000  930,000  930,000
【学納金についてのお問い合わせ】
総務課:TEL.03-3908-4530(代表)
 

実習費について

心理実践実習、臨床心理実習等の学内・学外実習を行うにあたり、以下の実習費を納めていただきます。
 
【実習費】
修士課程1年次:30,000円、修士課程2年次:50,000円
 
【納入時期・納入方法】 
実習ガイダンス等で詳細を周知します。

【実習費についてのお問い合わせ】
教務課:03-5948-5161(大学院担当) 

修学支援

奨学金制度

独立行政法人日本学生支援機構をはじめ、地方公共団体・民間育英団体に奨学金制度があります。どの奨学金も、学生が学修に専念できる環境を整え、将来良識ある社会人として貢献できる人材を育成することを目的としています。奨学金の貸与を受けるには選考があるため、希望者全員が採用されるとは限りません。貸与奨学金については、返済義務があることを理解したうえで、家庭の経済状況等を考慮して利用してください。
 
【日本学生支援機構奨学金】
※詳細は
独立行政法人日本学生支援機構ホームページ
も併せてご覧ください。 

(1)奨学金の種類と貸与月額について ※表を左右にスワイプしてご覧ください
第一種奨学金 第二種奨学金
修士課程 博士後期課程 修士課程 博士後期課程
出願資格 高度の研究能力を有し、経済的理由により修学に困難があると認められる者
募集時期 <定期採用>4月     <緊急・応急採用>随時
金額
(月額)
50,000円 または、
88,000円 から選択 
80,000円 または、
122,000円 から選択 
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円 から選択
利息 無利子
有利子
(3%上限。ただし在学中は無利息) 
(2)特に優れた業績による返還免除制度
日本学生支援機構奨学金の第一種奨学金の貸与を受けた大学院学生のうち、在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合に、貸与期間終了後、奨学金貸与額の全額または半額が免除される制度です。推薦者数は各年度で異なり、学内で選考もありますので、希望者全員を推薦できるとは限りません。

【その他の奨学金制度】
日本学生支援機構奨学金の他に、各都道府県や民間育英団体等の奨学金制度もあります。これらはそれぞれで募集時期・出願方法等が異なりますので、募集案内があり次第、学内掲示板等でお知らせします。また、大学院に募集案内募集案内がないものもありますので、各団体等に直接お問い合わせください。
 
【奨学金に関する問い合わせ】
キャンパスライフ支援課: 03-3908-4569


ティーチング・アシスタント制度


本大学院では、本学に在籍する優秀な大学院学生を対象に、ティーチング・アシスタント(TA)制度を設けています。これは、大学院学生が、教員の教育的配慮のもと、学部学生あるいは修士課程学生に対する教育補助業務に従事し、これに対する給与支給による経済的支援を行うとともに、教育研究の指導者となるための学修機会の提供と、学部・大学院教育の質的充実を図ることを目的とした制度です。

【職務内容】
(1)学部において必要と認める授業科目を担当する教員の指導に従い、実習、演習等の教育補助業務
(2)修士課程において必要と認める授業科目を担当する教員の指導に従い、実習、演習等の教育補助業務
※(2)については、博士後期課程学生のみ対象

【給与】
時給:1,200円(2020年度実績) ※通勤手当は支給しません。
 
【勤務管理】
給与は所定の「用務完了確認報告書」に基づき、実労働時間に対して支給されます。TAとして勤務終了後に必ず、事務局教務課にある用務完了確認報告書に、勤務日、業務内容、業務開始時間、業務終了時間等を記入し、出勤印を押印してください。併せて授業担当教員に勤務確認印を押印してもらうことになります。

【研修】
TAとして教育補助業務を行う場合、事前に当該業務に関する適切なオリエンテーションを行うとともに、教育サポートスタッフとしての具体的な資質の養成や向上をはかるため研修を定期的に開催します。

【その他】
(1)任用にあたっては、選考審議を行いますので、希望者全員がこの制度を利用できるとは限りません。
(2)選考方法等その他詳細は、「東京成徳大学大学院ティーチング・アシスタント規程」に基づいて実施されます。

【TAに関するお問い合わせ】
教務課:03-5948-5161(大学院担当)
 

関連リンク

  • シラバス
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ