メニュー

修了要件

修士課程

本大学院修士課程に2年以上在学し、履修授業科目について必修科目(13科目19単位)を含む33単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格することで修了要件を満たします。

ディプロマ・ポリシー(修了判定・学位授与に関する方針)

建学の精神「有徳有為な人間の育成」ならびにそれに基づく「成徳の精神をもったグローバル人材育成」のために、社会において貢献できる「心理支援の専門家」として必要な下記の知識や能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、修士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格した者を修了と認定し、修士(心理学)の学位を授与する。
(1)「心理支援の専門家」に求められる社会性と倫理観および法規の知識
(2)臨床心理学に関する知識と応用能力
(3)臨床心理学に関連するほかの心理学の分野や精神医学等の知識と応用能力
(4)心理学の研究についての知識と能力
(5)心理支援についての知識と能力 

博士後期課程

本大学院博士後期課程に3年以上在学し、履修授業科目について20単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格することで修了要件を満たします。

ディプロマ・ポリシー(修了 判定・学位授与に関する方針)

建学の精神「有徳有為な人間の育成」ならびにそれに基づく「成徳の精神をもったグローバル人材育成」のために、臨床心理学ならびに他の心理学の分野の研究および教育能力を身につけた「高度の心理支援の専門家」として必要な下記の知識や能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し、博士論文を提出し、その審査及び最終試験に合格した者を修了と認定し、博士(心理学)の学位を授与する。
(1)「高度の心理支援の専門家」に求められる深い教養と社会性や倫理観および法規の知識
(2)臨床心理学の研究および教育についての知識と能力
(3)臨床心理学に関連するほかの心理学の分野の研究および教育についての知識と能力 

関連リンク

  • シラバス
  • 心理・教育相談センター
  • 資料請求ページ
  • 検定料支払い
  • 東京成徳大学公式フェイスブック

ページトップへ