メニュー

お知らせ

企画・IR室からのお知らせ

2018/12/20

『2018年度 東京成徳大学 学修調査(行動・成果調査)報告書』(教育研究改善委員会、企画・IR室、2018年12月19日)をアップしました。

 ●2018年度『東京成徳大学 学修調査(行動・成果調査)報告書』(教育研究改善委員会、企画・IR室、2018年12月19日)をアップしました。
 (前半)2018年度 報告書1
 (後半)2018年度 報告書2 

●編集方法について
本調査は今年度で3年目となりました。そこで、本報告書からは、以下の編集方法をとりました。
(1)4 年間の教育成果がどの程度上がっているのかを調べるという調査の趣旨を踏まえて、2016年度に入学した学生のうち3回の調査すべてに回答した学生を抽出し、同学生の3年間の学修行動、学修成果の変化を見るという方法をとりました。
(2)さらに、調査結果の一覧性を高めるために、集計結果を以下の二つの視点から整理しました。
①各質問項目について、「よくできる」「できる」などの及第水準に達していると目される学生が全回答者の中でどの程度の割合に達しているか。
②各質問項目について、及第水準に達する学生の割合が3年間でどの程度増減しているか。

今後の教育改善の資料として、ぜひご活用ください。

ページトップへ