メニュー

国際交流トピックス

2013/09/13

「韓国留学で感じたこと」

国際言語文化学科 2年 I.A.

 梨花女子大学での交換留学を終えて一番に思ったことは、留学に行ってよかったということです。最初は言葉もあまり理解できず、文化の違いなどから日本に帰りたいと何度も思ったことがありました。しかし、韓国で出会った友達に支えられてなんとか半年間の留学生活を無事に終えることができました。


 


 

 私は留学生活の中でも梨花の本科生と一緒に授業を聞いて、話し合って協力しあって授業をしたことがとても楽しく、勉強のし甲斐を感じました。最初は自分の韓国語のレベルが授業を聞くのには不足していてついていくのに必死でしたが、本科生の方はみんな親切で丁寧に教えてくれるので、その分やる気も出て成績も伸びたのだと思います。


 


 

 サマーセッションでは様々な文化体験をすることができ、貴重な経験になりました。
私は韓国の伝統楽器「カヤグム」の授業を聞きました。授業は韓国語と英語で行われるので、最初はほかの学生とコミュニケーションをとるのに苦労しましたが、修了式では
全員で無事に演奏を終えることができて、とてもいい経験になりました。

 私が無事に留学を終えることができたのは、様々な面でサポートをしてくれた現地の先生や学生、日本の先生方や家族、友達のおかげだと思います。
半年という短い期間でしたが留学生活で学んださまざまな経験をこれからの
大学生活で生かせるように、今後も努力したいと思います。
(国際交流委員会)


 

ページトップへ