メニュー

2021/06/28

学生の皆さんへ 「新型コロナワクチン接種に関連する欠席の対応について」

学生の皆様へ

 

新型コロナワクチン接種に関連する欠席の対応について

東京成徳大学学長      
東京成徳短期大学学長    

 

標記については、重要性を考慮し、単位認定・成績評価に影響がないよう配慮することとしました。
ついてはその学生の手続き方法等を以下のとおり示します。

 

1.該当事由等・手続き方法

No

事由

欠席期間

左記事由の証明書等

手続方法

学生本人の新型コロナワクチン接種日と授業が重なった場合

接種日と重なった当該授業

接種済証明書或いは接種日が確認できるもの

(1)接種日が判明したら、事前に授業担当者へ事情説明を行う。
(2)接種後、接種済証明書或いは接種日が確認できるものを授業担当者へ提示する。

2

学生本人の副反応による止む得ない授業欠席
※主だった症状:発熱、頭痛、疲労感、筋肉や関節痛、寒気、下痢等

接種日翌日から2日
※上記程度で症状が治まった場合は翌日から登校ができます。

接種済証明書或いは接種日が確認できるもの

授業出席が可能になったら接種済証明書或いは接種日が確認できるものを提示し(医療機関にかかった場合は、領収書等も)、事情説明を行う。

 

2.その他

(1)欠席期間において遠隔授業を希望する場合は、授業担当者と遠隔で受講可能か相談の上、受講してください。なお、遠隔受講した場合は出席とみなします。
(2)学外実習等の対応等については授業担当教員に確認してください。
(3)上記の特別対応は2021年度限りとします。
(4)欠席中の授業内容や課題については授業担当教員に確認してください。
(5)“副反応”が発症した場合
 ① 発熱時や、副反応と新型コロナ感染か見分けつかない場合は、登校は控えてください。
 ② 副反応の発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、厚労省のHP上では、2日間以上発熱が続く場合や症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい症状(咳、咽頭痛、味覚・嗅覚の消失、息切れ等)が見られる場合は医療機関への受診や相談を検討するように促しています。対応の参考にしてください。
③ ワクチンでは起こりにくい症状がみられる場合の対応は「2021年度入学予定者ならびに在学生のみなさま」の「8-(3)新型コロナウイルス感染症状と似た発熱等の風邪症状と倦怠感、味覚・嗅覚障害などがあるとき」にも記載がありますのでそちらも参考にしてください。また、自分がコロナに感染したり濃厚接触者になったり感染症状などが出たりした場合は、まずはキャンパスライフ支援課(八千代キャンパスは八千代事務部学生支援担当)にご連絡ください。(以下URL参照)
HP記事:https://www.tsu.ac.jp/Portals/0/topics-img/j-kyomu/2020/2021zyugyouannai..pdf
④ 副反応の症状が長引き3日以上欠席をした場合は、授業担当者の判断により単位認定に影響がないよう配慮します。
(6)新型コロナワクチン接種に関連しない授業欠席については、学生便覧を確認してください。

3.問い合わせ先
事務局教務課(八千代キャンパスは八千代事務部)

以上

ページトップへ