メニュー

お知らせ(東京成徳短期大学)

2021/06/17

講座紹介「幼児教育基礎演習」〜「普通救命講習」を受講し認定証を取得しました!

「幼児教育基礎演習」は、基本的能力を育成するための初年次教育として、本学が独自に設定している授業です。
「建学の精神」「幼児教育の専門家となる自覚」「学びの意義と方法」「スペシャリストとして、社会に貢献する力を身につけるための基礎的能力」について学修することを目的としています。

先日、この授業のプログラムの一環として、東京消防庁王子消防署、公益財団法人東京防災救急協会の方々にご来学いただき、本学体育館にて「普通救命講習」を実施しました。
心肺蘇生、AEDの使用方法、窒息の手当、止血の方法など、保育者として必要な救命に関する基礎的な知識と技術を実践的に学ぶことができました。
特に、乳児の人形を使っての心肺蘇生や窒息の手当の実習は、保育者となる学生にとって極めて貴重な経験になったものと思います。学生の真剣な表情がとても印象的でした。

幼児教育の基本を学びながら、これからもたくさんの専門的な学びを重ねて、保育者としての道を進んでいってほしいと願っています。
1学年担任

●本学体育館での受講の様子



●乳児の人形を使った心肺蘇生の実践!

 

ページトップへ