メニュー

2020/05/08

【重要なお知らせ】保護者の皆様へ:学長メッセージ 

2020年5月8日
東京成徳大学長 新井 邦二郎
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

 東京成徳大学・東京成徳短期大学が、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、授業開始の延期、学生の登校の原則禁止など、学生の皆さんに多大なご不便をおかけし、また保護者の皆様にはご心配をおかけしています。すでにホームページにてご案内していますように、5月11日(月)から授業を開始し、また授業はすべて遠隔授業にて実施いたします。これに合わせて、遠隔授業を受講するのに必要な端末機器等の準備をお願いしているところです。

 新型コロナウイルスの感染拡大が、国民の社会経済活動に影響し、学生ならびに保護者の経済力の低下を生じさせています。学生や保護者の皆様には、日本学生支援機構のほか国や地方自治体、通信会社等が行うさまざまな新しい支援策を積極的に活用していただきたく思います。それと並行して、本学においても学生の修学支援として、(1)全員一律10万円の給付、(2)学費の納付が困難な場合は、分納・延納期限の最長1年間延長、(3)本学独自の学費減免制度の拡大等を実施いたします。またどうしても遠隔授業の受講準備のできない学生の皆さんには、調査の上、数量に限りはありますが、本学の用意した機器等の貸出しを行います。さらに図書館は、学生が登校できない期間、無料の郵送貸出しを行います。学生相談室及び就職相談についても遠隔相談を実施します。

 遠隔授業ですが、すでに開始している他の大学の例ですと、遠隔授業に対する受講準備の不十分な学生がいたり、教員の遠隔授業そのものが途中でストップしたりして、少なからずのトラブルが発生しています。全国の大学と同様に、本学の学生の皆さんも教員も、遠隔授業は初めての経験であります。5月11日からスタートする遠隔授業について、最初の2,3週間はトラブルが発生しても、学生、保護者の皆様に冷静に行動をしていただくことをお願いいたします。教員と学生とがコミュニケーションをよく取り、ひとつずつ改善をして行き、授業を軌道に乗せたいと考えております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
 学生の皆さん、特に1年生の皆さんは、授業開始を待ち望まれていると思います。新型コロナウイルス感染拡大防止のために、キャンパスでの本格的な学生生活の開始までには、まだ時間がかかりそうです。学生・保護者の皆様には、依然としてご不便やご負担をおかけすることになりますが、この難局を共に乗り越え、通常の学生生活が一日も早く戻ってくることを心より願い、皆様の重ねてのご理解とご協力をお願いいたします。

以上

ページトップへ