メニュー

お知らせ(総合案内)

2020/05/11

【学生の皆さんへ】遠隔授業受講マナー・ルールについて

2020年5月11日
 東京成徳大学・東京成徳短期大学教務委員会


東京成徳大学・東京成徳短期大学では、遠隔授業受講のマナー・ルールを以下のとおり策定しました。接続先が、授業担当者の指示したサイト(特にドメイン名に留意)であるか十分に確認し、受講時には本マナー・ルールを遵守するようにしてください。

  1.授業環境や受講態度等について
 (1)静穏で、自分が発言しても迷惑にならない授業環境の確保をお願いします。
多くの場合、自宅での授業参加となると思われます。授業に集中するには、静穏な環境は欠かせません。ご家族にも、配慮をお願いしましょう。
また、授業よっては、発言をする場面もあります。発言しても周囲に迷惑が掛からない場所を選びましょう。
 (2)適切な態度で授業に望むようにお願いします。
遠隔授業であっても、学生として相応しい服装・身だしなみを心がけましょう。また、受講中は、必要な授業備品や資料等を手元に置き、机に向かって受講するようにしましょう。

寝転がる、飲食をする、歩く等の“ながら”受講はやめましょう。


 2.禁止行為・留意事項について
遠隔授業では、①著作権、②個人情報、③プライバシー、④肖像権、⑤セキュリティに気をつけましょう。 場合により違法行為となります。想定される内容は以下のとおりです。

(1)遠隔授業ソフトウェアに接続する際は、カメラやマイクは基本OFFにして接続し、使用にあたっては教員の指示に従い、周囲の環境に注意するようにしましょう。
(2)遠隔授業を受けるにあたって、与えられたアクセス先、ID・パスワードを他人に教えたり、共有したりしないようにしましょう。
(3)遠隔授業の内容、配布された音声ファイル、動画・画像ファイル、教材、資料等は自らの学修の目的以外では使用しないようにしましょう。WebやSNS等で公開することはやめましょう。
(4)授業担当者や他の受講者の動画・画像や音声を許可なく取得したり、それをWebやSNS等で公開することはやめましょう
(5)他の受講者の氏名、年齢、学籍番号等の個人情報をSNSや掲示板等インターネット上にアップロードしたり外部に漏洩させたりしてはいけません。
(6)授業担当者や他の受講者について、WebやSNS等で誹謗中傷したり誤った情報を発信してはいけません。 (7)授業を妨害する行為(画像、動画、音声を流すこと等)や円滑な実施を妨害する行為はしてはいけません。(8)双方向型の遠隔授業では、自分からの発信が他の受講者にも見られていることを認識し、自身の個人情報の管理には十分留意しましょう。

以上 

ページトップへ