メニュー

2021/01/26

教職員対象の2020年度第3回全学SD・FD研修会を開催しました


 今年度最終となる第3回 全学SD・FD研修会(オンライン)を、1月20日(水)に開催し、大学・短期大学の専任教職員等153名が参加しました。
 今回は、「コロナ禍における今年度の経験を来年度に生かす」をテーマとして、新型コロナウイルスへの対策として、遠隔授業の活用、大学食堂等の昼食時対策、感染者発生時の対応、遠隔授業の学生受講支援、入構者の「水際対策」、課外活動、学生募集活動、就職支援、学生相談活動等、本学がこれまで取り組んできたことを各部門の担当者から発表することとしました。
 企画・IR室の長谷部孝司室長(授業危機対策班副班長)の司会のもと、まず、木内秀樹理事長から、コロナ禍の中、高等教育の継続の実践に取り組む教職員に謝意、及び「学びの継続のための学園独自の経済的支援」について述べられました。続いて、新型コロナウイルス対策に係る班長等、各部門の担当者から、「これまでの取り組み、今後の課題」が資料に基づき発表されました。それらの発表を受け、新井邦二郎大学学長、渡部賢事務局長から、今後の課題等が述べられ、来年度に向けての取り組みについて教職員の間で共有されました。

ページトップへ