メニュー

2021/07/09

「緊急事態宣言」発出における東京成徳大学(十条台キャンパス)・東京成徳短期大学の対応について

東京成徳の学生のみなさんへ
<十条台キャンパス>

  「緊急事態宣言」発出における東京成徳大学・東京成徳短期大学の対応について(お知らせ)

  7月8日、政府により4回目の「緊急事態宣言」が発出されました。本学では、「緊急事態宣言」期間中は「原則、遠隔授業」で対処しています。しかし、「学修機会の確保」や「孤立・孤独に陥ることのないための配慮」、そして本学の授業実施方針に鑑み、一部の授業を対面で行います。改めて感染対策の徹底とともに、みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。

【対応】
(1)「緊急事態宣言」期間中は「原則、遠隔授業」とします。
(2)学部(学科)・科によっては、週に1日程度の「対面授業日」を設けます。
(3)対面授業日の授業は「対面」と「遠隔」のハイブリッド型授業とし、通学に不安を 覚え、対面を望まない学生は「遠隔」で授業に参加することができます。
(4)対面授業日は、学内の密を避けるため、学部(学科)・科によって分散させます。
(5)対面授業日には図書館も利用できます。
(6)部・クラブ・サークルの対面活動は原則禁止します。

※(試験を含む)対面授業の「開始日と科目名、曜日、時限」については、各学部(学科)・科から メール等で通知いたします。

【期間】 2021年7月12日(月)から緊急事態宣言終了日まで

 <八千代キャンパス>
今回の「緊急事態宣言」の対象地域に千葉県は含まれていないので、八千代キャンパスにおける授業は通常通りとします。


東京成徳大学学長 吉田富二雄     
東京成徳短期大学長 木内 秀樹

ページトップへ