特待生制度・奨学金・学生表彰

本学では、独自の特待生制度をはじめ、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体および民間団体の奨学金を取り扱っています。
また、留学援助交付金、外国人留学生授業料減額制度、資格等取得奨励賞(応用心理学部)、学長賞などの制度を設置し、皆さんの学業支援を行っています。

東京成徳大学特待生制度

本学の「特待生入試」(一般入試A日程、大学入試センター試験利用入試1期)の合格者のうち、優秀な成績を収め入学される方には、学納金が免除される制度があります。
詳細は下表のとおりです。

種別 適用内容 免除される金額 候補者数
(平成30年度入試実績)
A特待 入学金全額(300,000円)
授業料全額
  (4年間:2,800,000円~3,200,000円)
施設設備費全額
  (4年間:675,000円~900,000円)
特別教育費全額
  (4年間:0円~45,000円)
3,775,000円 
  ~4,450,000円
(学科により異なります)
12名
B特待 入学金全額(300,000円)
初年度授業料半額
 (250,000円~400,000円)
550,000円 
  ~700,000円
(学科により異なります)
16名
C特待 入学金全額(300,000円) 300,000円 35名
  • 全学部の受験生が対象です。
  • AO・推薦入試入学手続者も特待生入試のいずれかを受験することで選考の対象となります。(選考検定料は無料)
  • 返還不要。
  • 「A特待」についてはご入学後毎年、適用審査があります。
  • 特待生入試において、奨学金対象にならなかった場合も試験成績によっては判定で一般入試、大学入試センター試験利用入試の合格者となります。
  • 日本学生支援機構など学外の他の奨学金と併用が可能です。学内の他の奨学金との併給はできません。
  • 国際学部の「留学に関する費用」は、免除対象外です。
  • 入試内容はこちらから

東京成徳大学子ども学部 熊澤幸子奨学金

本学子ども学部に在籍し、成績、人物ともに優秀な学生1名に対して年間20万円を支給します。

日本学生支援機構奨学金

優れた学生で経済的理由により修学が困難な方に対し、日本学生支援機構が学費の貸与を行います。なお、申込資格は以下の通りです。

  • 申込資格:人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難であると認められる者
    外国籍の方は申込資格に制限があります。詳しくは奨学金担当窓口に相談してください。
  • 募集時期:4月(定期採用)
    申込に関する説明会を実施しています。この説明会に出席しない場合は、申し込みできません。
  • 奨学金の種類および貸与月額
    項目 第一種(月額) 第二種(月額)
    金額
    [大学]自宅:30,000円、54,000円から選択 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円から選択
    [大学]自宅外:30,000円、64,000円から選択
    [短大]自宅:30,000円、53,000円から選択
    [短大]自宅外:30,000円、60,000円から選択
    利息 無利息 有利息(年3%上限)ただし在学中は無利息
    借入人 学生(連帯保証人・保証人)

    定期採用以外に、主たる家計支持者等の死亡、失職や災害により家計状況が急変した場合、緊急・応急採用があります。奨学金の貸与を必要とする方は申し出てください。

  • 返済例(平成30年度入学者)第一種奨学金(無利子) 自宅通学者(貸与期間48カ月の場合)

    <定額返還方式>

    貸与月額 貸与総額 返還総額 月賦金額 返還回数(期間)
    54,000円 2,592,000円 2,592,000円 14,400円 180回(15年)

    <所得連動返還方式>

    貸与月額 貸与総額 返還総額 返還金額と回数
    54,000円 2,592,000円 2,592,000円 貸与終了後の収入に応じて返還月額・返還回数が変わります。
    返還月額=「課税対象所得」×9%÷12

    <第二種奨学金(有利子  貸与期間48カ月の場合)>

    貸与月額 貸与総額 返還総額(元利+利息) 月賦金額 返還回数(期間)
    50,000円 2,400,000円 2,444,486円 13,580円 180回(15年)

    ※平成29年3月貸与終了者の利率(0.23%、利率固定方式)で貸与されたものと仮定して計算。

  • 奨学生採用候補者(予約生)

    高等学校在学中に奨学生採用候補者(予約生)となった方は、入学後直ちに本学が指定する日までに、出身高等学校から交付を受けた「採用候補者決定通知」を提出してください。期日までに提出しない場合、奨学生の資格を失うことになります。

  • 在学届の提出

    高等学校在学中に日本学生支援機構の奨学生であった方は、入学後直ちに所定の「在学届」を提出してください。この届けがない場合、大学在籍中の奨学金の返還が猶予されません。

    日本学生支援機構ホームページ

留学援助交付金

海外の大学に半期留学する場合、研修期間の授業料を援助します。
援助交付金⇒単位認定後に授業料より減額します。
【注意】この交付金は、国際学部の1年次に参加する長期留学(約1年間)は対象外です。国際学部の長期留学費用についての詳細は、オープンキャンパスや進学ガイダンスなどでご確認ください。

留学先 援助交付金の額(上限)
※平成29年度実績
英米圏の大学(アメリカ、オーストラリア、カナダ) 270,000円
アジア圏の大学(中国・韓国・台湾) 200,000円
インターンシップ付英語研修留学(オーストラリア) 400,000円

外国人留学生授業料減額制度(経営学部、応用心理学部 臨床心理学科)

外国人留学生入試により入学した私費外国人留学生(在留資格が「留学」の方)は入学金及び初年度の施設設備費が半額になります。さらに本学入学後、出席状況・成績などが良好で経済的困窮度が基準に適合する方は授業料の30%が減額されます。

学長賞

成績優秀者及び際立った活動により他の学生の模範となる学生を表彰します。

資格等取得奨励賞(応用心理学部 健康・スポーツ心理学科)

在学中に本学が指定する資格などを取得した者に対して10,000円~30,000円の奨励賞を授与します。
指定資格はこちらから

地方自治体奨学金

地方自治体が、在住する学生に対して給付・貸与する奨学金です。
在住する自治体のHPなどを見て、奨学金が用意されているかどうか、どのような手続きが必要かなどについて、各自で確認してください。また、本学へ募集があり次第、掲示にてお知らせします。

奨学金・学生表彰についてのお問い合わせ
東京キャンパス(十条)(国際学部、子ども学部、経営学部、応用心理学部 臨床心理学科) 学生支援課

TEL.03-3908-4569(直通)

千葉キャンパス(八千代)(応用心理学部 健康・スポーツ心理学科) 学生支援課

TEL.047-488-7112(直通)