グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

大学院



心理学研究科

公認心理師・臨床心理士・学校心理士を養成、
高度な専門性と知識の修得をめざします。
これまでに220名以上の臨床心理士を輩出した実績のある大学院です。
同じキャンパスにある応用心理学部臨床心理学科と連携しており、充実した環境で研究できます。
本学の臨床心理領域の教育・研究は、より高度な専門性と幅広い知識を修得できる場になっています。

学びの特長

充実した臨床指導体制とカリキュラム
実習は、医療領域(病院やクリニック)、教育領域(学校や教育関連施設)、福祉領域などで週2日程度の実習を行い、現場を経験します。実習
現場に出て実際の経験を積むことにより、現場で活きるカウンセリングなどの心理支援の方法や心理検査を学び、専門家としての実践力を高めま
す。また、受理・事例会議への参加や担当教員による指導(スーパーバイズ)も含め、臨床指導を行います。

併設された心理・教育相談センターでの臨床実践
本研究科には、「心理・教育相談センター」が併設されており、地域住民の方などの相談を引き受けています。
大学院生は、本センターにおいて担当教員の指導のもと、相談員としてカウンセリングや心理検査などを担当し、臨床経験を積むことができます。

公認心理師養成機関

2017年9月『公認心理師法』が施行されました。本大学院では、2018年度入学者から公認心理師受験資格取得に必要なカリキュラムを用意し、心理支援の専門家を養成しています。

臨床心理士受験資格第1種指定校

2002年より公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士受験資格第1種指定校に認定され、修了と同時に臨床心理士の受験資格が得られます。

その他の特徴

1 博士後期課程では、臨床心理学に関わる高度職業人(カウンセラーの指導者)の養成と、高い能力を持った研究者の養成を目的としている
2 学校心理士資格認定試験受験資格が取得可
3 修士課程の院生研究室に、個人用の学習机やロッカーを院生全員分完備

研究科長からのご挨拶

カリキュラム・授業紹介

取得できる学位・資格

主な進路・公認心理士情報


キャンパスマップ

よくある質問


  1. ホーム
  2.  >  大学院
資料請求・デジタルパンフ