グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

東京成徳短期大学


東京成徳短期大学 幼児教育科

東京成徳短期大学 幼児教育科特設サイトはこちら



学科長からのご挨拶

求める学生像

求める学生像

  1. 真摯な心を持ち、コミュニケーションを大切にする人
  2. 深い洞察力と柔軟な考えを持ち、実践的・協働的に行動する人
  3. 学ぶ姿勢と意欲を持ち、創意工夫を重ね、なにごとにも積極的に取組む人
  4. 保育者になるための資質と適性を備え、子どもの成長に関わりたいと思う人
  5. 子どもを取り巻く今日的課題に広範な関心を持ち、解決に向けて新しい可能性を探求したい人
幼児教育科の3つのポリシー


幼児教育科の学び

基礎から実践まで、保育者としての知識・技能を修得
多くの学生が幼稚園や保育所への就職を希望しています。幼児教育の基礎を実践的に学び、保育者としての知識・技能を身につけます。
保育に必要な配慮を修得する「保育実習室」や、造形を学ぶ「アトリエ」、その他「スタジオ」「小児栄養実習室」など、施設が充実。子どもを理解するための科目や、実際の現場を体験する科目を通して、社会のニーズに応えられる力を養います。

幼児教育科 学びの領域


資格取得のための実習

短期大学の授業で幼児教育に関する知識と技術を身につけ、実際に幼稚園や保育所に出向いて、現場や保育者・子どもの様子を見学・観察します。その後、実際に子どもの前に立って保育を行う責任実習などの現場体験を通して、保育者としての資質を高めていきます。
実習先は個々の保育観や就職に大きく関わるため、幼稚園・保育所では、公立・私立の希望を尊重しています。施設についても、学生の希望する施設で実習ができるよう配慮をしています。

2年間の学び

1年次前期

保育・教育に関する基礎固め
基礎科目からスタート。すぐに実技や実習指導も行います。

1年次後期

課題研究のスタート
実習に行くための実技や理論を学び、保育所、幼稚園での実習がはじまります。

2年次前期

より実践的な実技・実習指導
乳幼児についてさらに学び、責任実習に向けて知識・技能を身につけます。

2年次後期

教職実践演習で総仕上げ
すべての実習が終了し、保育現場に出る前の総仕上げをします。



目指せる資格と進路実績

在学生・卒業生インタビュー

在学生INTERVIEW

一人ひとりの個性に応じた
指導や援助ができる保育者になりたい

幼児教育科1年

岡本 あかねさん

卒業生INTERVIEW

大学での実践的な学びが
保育の現場での大きな自信に

2020年度卒業

東京都 私立認定こども園 認定こども園教諭

田代 朱音さん

学びの特色

資料請求はこちらから


  1. ホーム
  2.  >  東京成徳短期大学
資料請求・デジタルパンフ